Whitepaper

製造業のためのサプライチェーンデザイン

PDFをダウンロード

.

ラマソフトは以下の複雑な製造サプライチェーンで活用されています:

.

事例:

ある電子機器メーカーは、サプライチェーンネットワーク最適化により、年間物流コストが14%削減可能であることを突き止めた

課題:

動力装置および電子機器製造メーカーは、買収により成長を続けてきたが、エンド・トゥ・エンドのサプライチェーンネットワークを最適化することでサービスとコストを改善できるどうか調査したいと考えた。

ソリューション:

ラマソフトのモデリングテクノロジーを用いた分析により、次のような分野でコスト削減可能であることが判明した。

出荷の集約化――輸送距離を短縮し、サービス時間を削減できるのでは?

設備の規模――流通センターおよび各地域の流通経路計画を集約することで、サービス時間を短縮できるのでは?

輸送コスト――出荷の集約化によりLTLコストを削減することで、全体的なコストを削減できる可能性は?

結果:
モデル結果により、物流計画を最適化するだけでも年間の物流コストを14%削減でき、サービス時間/納期を大幅に短縮できることが示された。

事例:
ある電子機器メーカーは、サプライチェーンネットワーク最適化により、年間物流コストが14%削減可能であることを突き止めた

課題:
動力装置および電子機器製造メーカーは、買収により成長を続けてきたが、エンド・トゥ・エンドのサプライチェーンネットワークを最適化することでサービスとコストを改善できるどうか調査したいと考えた。

ソリューション:
ラマソフトのモデリングテクノロジーを用いた分析により、次のような分野でコスト削減可能であることが判明した。

出荷の集約化――輸送距離を短縮し、サービス時間を削減できるのでは?
設備の規模――流通センターおよび各地域の流通経路計画を集約することで、サービス時間を短縮できるのでは?
輸送コスト――出荷の集約化によりLTLコストを削減することで、全体的なコストを削減できる可能性は?

結果: モデル結果により、物流計画を最適化するだけでも年間の物流コストを14%削減でき、サービス時間/納期を大幅に短縮できることが示された。

製造業のためのサプライチェーンデザイン

なぜサプライチェーンデザインが重要か?

製造業のサプライチェーンは変化の激しい複雑かつ不安定なネットワークで、大陸を超え、複数の市場分野に広がることも珍しくありません。需要の変化、商品価格の変動、供給の中断、輸送手段の多様性、自然災害、地政学的変化、規制問題は、すべて市場へのモノの流れに影響を与えます。企業は、サプライチェーンに関する無数の「what-if(もしも)」の問いを抱えており、データに裏付けられた答えを迅速に求める手段を必要としています。

ラマソフトのサプライチェーンデザイン・プラットフォームは、サプライチェーンのネットワーク運用、製造能力、在庫計画、輸送ルートのモデル化、最適化、シミュレーションを可能にし、コスト、サービス、持続可能性、リスク管理の大幅な改善を可能にします。

製造業での課題に対するサプライチェーンモデリング・ソリューション

在庫最適化
多階層の在庫最適化では、最適な安全在庫、運転在庫、前倒し生産在庫などを考慮した完全な在庫計画や、販促製品の戦略を含むサプライチェーンの全ての階層をカバーする正確なモデルを作成することが可能です。さらに、サプライチェーンのシミュレーションを活用することで、あらゆる潜在的なサプライチェーン構造における、サービス率、在庫レベル、拠点のキャパシティ制約を予測することができます。

生産能力計画:既存キャパシティの活用で最小コストを実現
ネットワーク最適化では、生産に関連するあらゆるデータ(生産ライン、労働力、工場内や各ラインの生産工程、BOM、半製品の完全製品化、スループット率、コスト、生産量など)を組み込んだ、より詳細な生産モデルの構築が可能です。ネットワーク最適化を通じて、適切なフットプリント(生産拠点、生産量)を検討したり、グローバル規模での生産能力の最適化、あるいは個別の設備に対する生産能力の最適化を行うことができます。

生産量、生産能力、在庫

生産量、生産能力、在庫

 

3ラインの4週間にわたる生産計画。製品ごとの生産量と生産時間を示している

3ラインの4週間にわたる生産計画。製品ごとの生産量と生産時間を示している

 

生産拠点の最適化:どこで作る?どのくらい作る?
製品に対する需要の場所や量は、時間の経過と共に変化するものです。また、サプライヤーやコスト構造も変化します。利用できる生産能力をバランス良く最大限に活用するには、こうした変化に合わせて生産フットプリント(生産拠点、生産量)に変更を加える必要が出てくるでしょう。ある地域での生産能力の増強を図るため、投資や生産拠点の移設が求められるかもしれません。生産拠点をモデル化して様々なシナリオ分析を行えば、既存の生産能力を活用しつつ、既存の生産能力に対して追加しなければならない生産量と生産増加に必要な投資を判断しやすくなります。

価格戦略や利益率分析に供給コスト(Cost-to-Serve)最適化を活用
供給コストとは、顧客の製品需要を満たすためにかかる全てのサプライチェーン活動とコストを分析、数値化したものです。これは、ネットワーク内の全てのサプライチェーン活動をモデル化し、固定コストと変動コストを正しく配分することにより得られます。正確な供給コストモデルを作成することで、特定のサプライチェーン構成やコストを前提とした場合の顧客または顧客層の収益性や、製品の在庫および流通の継続の合理性について回答できるため、データに基づいた意思決定を行うのに役立ちます。

輸送経路最適化
モデル化テクノロジーおよびネットワーク最適化を活用すると、代替サプライチェーンネットワーク構成を見つけることが可能になります。そして、その代替サプライチェーンネットワークそれぞれについて、正確な輸送コストをモデル化したり、ある経路に対して個別に最適化を行うこともできます。このプロセスにより、DCから顧客への最適経路を特定し、理想的な輸送モードや LTL/FTL の組み合わせを判明できます。また、配送や集荷の最適な巡回経路の構築、資産を最大限に活用する手段の判断、ドライバーの勤務スケジュールの評価、サービスに基づくグリーンフィールド分析も実施できます。

 

現状と最適化された経路の比較。緑が収益あり、赤がなし

現状と最適化された経路の比較。緑が収益あり、赤がなし

 

複数の集荷と配送の処理量を含む巡回経路を作成

複数の集荷と配送の処理量を含む巡回経路を作成

 

世界をリードする製造業メーカーがラマソフトを選ぶ理由とは

ラマソフトとのパートナーシップにより、優れたソフトウェアとテクニカルサポートを利用できるだけでなく、ビジネスの進展と共に助言と連携を提供するサプライチェーンデザインを実践する企業各社からなる成長するコミュニティに参加できます。

  • 統合されたアプリケーション:製造業者によるエンド・トゥ・エンドのサプライチェーン全体の分析および最適化を支援する、ネットワーク、輸送、キャパシティ、在庫、シミュレーションエンジンがひとつのツールに統合された、唯一のネットワークデザイン・アプリケーションです。
  • シナリオの自動生成:ひとつのモデルデータベース内で複数のシナリオを効果的に分析できます。また、コストやモデル要因のあらゆる組み合わせを調整し、感度分析を実行できます。サプライチェーンに対する影響の推移を把握し、最適な判断を下すことができます。
  • クラウドベースのソリューション:業界別ベンチマークデータやクラス最高のハードウェアを擁する完全統合型SaaSウェブアプリケーションを使用可能。データ処理とコラボレーションを最大化します。
  • 製品開発:ラマソフトは年間収益の30%以上を研究開発に充てています。また、ソフトウェアやオペレーションズリサーチの専任開発スタッフの数は業界最多です。
    ソリューションサービス:時間単位のサポートから完全外注のプロジェクト納品まで、ラマソフトはお客様に幅広いサービスオプションを提供しています。世界各地で1,500以上のサプライチェーンデザイン・プロジェクトに100名を超える経験豊富なソリューションコンサルタントがお客様を支援いたします。
  • カスタマーサクセスプログラム:ラマソフトは、サポート、コーチング、トレーニング、オンラインセミナー、地域別ユーザーミーティングを定期的に提供。サプライチェーンモデリングを活用して大きなビジネス利益を生み出すよう支援します。