Datasheet

食品・飲料メーカー向け サプライチェーン

 

Download PDF

製品鮮度を管理

モデル化のテクノロジーでサプライチェーン内の生産と流通のバランスを確保し、製品鮮度の管理に役立てることができます。また、製品の過不足といったリスクの軽減にもつながります。

  • ネットワーク最適化では、消費期限の条件に合わせて生産から最終顧客までの最適な経路を提案します。
  • 在庫最適化では、求められるサービスレベルを満たすよう、消費期限、製品在庫、リードタイムを考慮します。
  • 在庫最適化で設定したポリシーやターゲットを使用してシミュレーションを行い、各段階やモデル対象期間を通して製品の年齢を追跡できます。
  • 輸送時間、生産時間、拠点での平均時間などを考慮することで、製品がサプライチェーンにとどまる時間を把握できます。
  • シナリオ分析では、特売比率を提言するため、生産や流通の代替シナリオのトレードオフを検討できます。

 

このデータシートでは、食品・飲料のサプライチェーンに対して、LLamasoftのモデル化テクノロジーをどう活用できるか、いくつか例をご紹介します。

食品・飲料メーカー向けサプライチェーンデザイン

ラマソフトは創業当初から、組織がサプライチェーン・ネットワークをデザインし、その運用を大きく改善できるようソフトウェアとノウハウを提供、支援してきました。ラマソフトのSupply Chain Guruは、企業がサプライチェーンと輸送ルートや在庫レベルをモデル化・最適化し、その結果をシミュレーションすることで、コストやサービス、持続性の大幅な改善を可能にするほか、リスク軽減が実現できるようになります。

このデータシートでは、食品・飲料のサプライチェーンに対して、LLamasoftのモデル化テクノロジーをどう活用できるか、いくつか例をご紹介します。

在庫最適化

在庫を多階層で最適化すれば、サプライチェーンのすべての階層をカバーする正確なモデルの作成が可能となります。そしてそのモデルを基に、最適な安全在庫、運転在庫、作り置き在庫などを組み込んだ完全な在庫計画や、販促戦略を検討できるようになるでしょう。また、サプライチェーンのシミュレーションを使って、さまざまなサプライチェーン構成のサービス率、在庫レベル、拠点のキャパシティ制約を予想できます。

food-1

 

生産能力計画
既存キャパシティの活用で最小コストを実現

ネットワーク最適化では、より詳細に生産モデル化し、生産拠点規模の適正化や生産能力の最適化をグローバルな規模で、あるいは拠点ごとに掘り下げて行うことが可能です。モデルには、生産に関連するあらゆるデータ(生産ライン、労働力、工場内や各ラインの生産工程、BOM、半製品の完全製品化、スループット率、コスト、生産量など)を組み込むことができます。

生産拠点の最適化
どこで作る?どのくらい作る?

製品に対する需要の場所や量は、時間の経過とともに変化するものです。また、サプライヤーの構成やコストの構造も変わっていきます。利用できる生産能力をバランスよく最大限に利用するには、こうした変化に合わせて生産拠点に変更を加える必要が出てくるでしょう。ある地域での生産能力の増強を図るため、投資や生産拠点の移設が求められるかもしれません。生産拠点をモデル化して様々なシナリオを分析すれば、既存の生産能力を活用したうえで、生産増加に必要な最適規模の投資を判断しやすくなるでしょう。

 

food-2

 

価格戦略や利益率分析にサプライチェーンコスト最適化を活用

サプライチェーンコストの最適化では、ネットワーク内のすべてのサプライチェーン活動をモデル化し、固定費と変動費を得季節に配賦します。これにより、顧客の製品需要への対応において生じるすべてのサプライチェーンの活動とコストを、数値化して分析できるようになります。サプライチェーンコストを正確にモデル化すれば、サプライチェーン構成やコストの面での顧客(あるいは顧客層)の採算性や、製品の在庫・流通を継続する合理性についてデータに基づいた意思決定を行えるようになります。

food-3

 

輸送経路最適化

モデル化テクノロジーでは、ネットワーク最適化を使って代替のサプライチェーンネットワーク構成を組み立て、それぞれの構成について正確な輸送コストのモデル化や、単独での経路最適化を行うことができます。このプロセスにより、企業は最適なDC-顧客の割り振りを特定し、理想的な輸送手段の構成やLTL/RTLの組み合わせを作成できます。また、配送や集荷の最適な巡回経路を作成して資産の最大限の活用を判断したり、ドライバーの勤務スケジュールを検討したりすることも可能です。さらに、サービスに基づくグリーンフィールド分析も実行できます。

詳しくは、03-6809-1018 または Info_Japan@llamasoft.com までお問い合わせください。