輸送・経路最適化のソフトウェアとツール

ビデオを見る

効率的な経路の策定、最終コストの削減、輸送手段の最適化、そしてサービスレベルのテスト

輸送最適化では、高度なアルゴリズムを利用して現実的なコストと制約構造を考慮しながら、インバウンドやアウトバウンドの出荷コストを最小限に抑える輸送経路を定義します。「ネットワークデザインを変更したら、輸送経路はどうなる?」という疑問に答えを見つけられるでしょう。

輸送最適化では、既存の経路戦略をベースラインとして新たな戦略をテストし、実際のコストとサービスレベルを予測することができます。最適な日次、週次、月次、四半期のプランを作成し、在庫レベルの設定、生産の計画、配送経路の策定を行うことが可能です。ラマソフトの輸送最適化のツールでは、ユーザーは代替輸送オプションと主要な変数(コスト、時間、キャパシティ、配送のパラメータなど)を組み込んで、サプライチェーンネットワーク全体をモデル化できるようになります。また、総コストとサービス制約に基づく最適な輸送計画を見つけ出すことができます。

継続的改善のための輸送ネットワーク最適化と物流シミュレーション

1つのアプリケーションでネットワークデザインと輸送経路の構築が行えるのはSupply Chain Guruだけ。様々な機能を備えたソフトウェアです。

Supply Chain Guru®

サプライチェーン輸送最適化ソフトウェア

ラマソフトの輸送最適化テクノロジーは、統合型のSupply ChainGuru®プラットフォームの中で利用でき、ソルバーの移動もスムーズです。輸送最適化では、サプライチェーンのデザインや分析において次のことが可能になります。

Supply Chain Guruについて詳しくはこちら

米大手食品会社ランドオレークス社のラマソフト活用例

ラマソフトの輸送最適化を活用して、買収後の合理化とアウトバウンド出荷の統合を実現

ケーススタディを読む

カーディナルヘルス社の成功例

ラマソフトのサプライチェーンネットワークの最適化とシミュレーションで、在庫維持コストを450万ドル削減

ケーススタディを読む

FIDELITONE Identifies Efficiency Improvements to Delivery Routing and Frequency with LLamasoft Transportation Optimization

ケーススタディを読む

Dedicated Fleet Or LTL Network: Which Is Better?

Facing continued expansion, the company needed to test the impact of using a dedicated fleet to replace their LTL delivery network.

ケーススタディを読む

「当社ではラマソフトを積極的に活用して車両構成を最適化、テストし、ラスト1マイルの配送ネットワークにおいてコスト削減とサービス改善ができるよう、スケジュール作成や経路変更を行っています。ラマソフトを使用して配送業務の管理を向上させ、サプライチェーンについて確信を持った意思決定を行いたいと考えています。」

フィデリトーン社エンジニアリング・ディレクター ジェフ・ウォルト氏

「[ラマソフトは]ネットワーク最適化と車両経路最適化を統合するだけでなく、データのインプット・アウトプット分析も簡素化するため、当社ではサプライチェーン内の輸送コスト削減の機会を迅速に見つけ出すことができました。」

ウェイフェア社オペレーション・トランスフォメーション担当副社長 デイビッド・レイモンド氏

お問合せ