サプライチェーンデザインのソフトウェアとツールで、製造・生産能力をプランニング

キャパシティプランニングのソフトウェアで、生産フットプリントのモデル化とシナリオ分析を行い、既存生産能力と追加生産のニーズとのバランスを確保

エンド・トゥ・エンドのサプライチェーンデザインの中で生産フットプリント、運用、生産・製造能力をモデル化する。これは今、世界の主要企業の多くが競争優位を確保するカギだと考えていることです。キャパシティのモデル化ツールを利用すれば、大規模なネットワークの最適化からSKUレベルの在庫最適化、輸送分析まで、大量のデータを適切に処理し、サプライチェーンをモデル化、分析、最適化できるようになります。

生産・製造系の企業では、キャパシティについて様々な疑問が生じます。例えば、「作る vs. 買う」の判断、作るのであれば、どこで作るのか(オフショア vs. ニアショア、低コスト vs. ローカルという選択)、キャパシティはいつ不足し、どこのキャパシティを増強するか。このようなキャパシティ計画の基礎となる判断を行うにおいて、サプライチェーン全体(輸送、在庫、税金など多くのコスト要因)を視野に入れず、生産コストや投資コストのみに着目してしまうケースが多いようです。

「生産フットプリント」についても、メーカーが検討すべき戦略的な意思決定です。生産フットプリントとは、各製品を製造する物理的設備と生産量、生産に必要なキャパシティを意味します。生産フットプリントに関する意思決定を行う際にも、一部の地域や一時的な必要条件だけではなく、キャパシティプランニングのソフトウェアを使ってサプライチェーン全体を考慮することが最善の判断につながります。製品に対する需要の場所や量、そしてサプライヤーやコスト構造は時間の経過ととも変化するため、それに応じて生産フットプリントを調整していく必要があります。

Supply Chain Guru®

サプライチェーンネットワーク最適化ソフトウェア

世界のトップ企業がSupply Chain Guruの生産キャパシティプランニングのツールを活用し、サプライチェーン全体で最適な意思決定を行っています。そしてモデル化のテクノロジーを使って、様々なコスト要因のトレードオフを判断しています。サプライチェーンデザインのプロセスを継続していく中でキャパシティプランニングを使い、コスト、サービス、リスク緩和を改善する機会を見い出すことができます。従来のキャパシティプランニングのソフトウェアは、もう必要ありません。生産フットプリントをモデル化して様々なシナリオを分析すれば、既存の生産能力を活用した上で、生産増加に必要な最適規模の投資を判断しやすくなるでしょう。

Supply Chain Guruについて詳しくはこちら

Network Optimization for Post-Acquisition Long-Range Capacity Planning

Following a major acquisition, a food and beverage producer needed to asses capacity requirements for its distribution network.

ケーススタディを読む

Network Optimization Identifies $17 Million in Savings While Exceeding Service Levels

As they opened new retail locations the company needed to evaluate the need for new DCs and best locations for new facilities.

ケーススタディを読む

Building The Best Designed Supply Chain Key To Successful RFPs

A Canadian medical testing company needed to model and redesign critical aspects of their service network.

ケーススタディを読む

Modeling Warehouse Capacity to Support Monthly S&OP

Global retailer uses detailed DC models to predict capacity bottlenecks and support monthly S&OP process and long-term investment and tactical planning.

ケーススタディを読む

Designing a Network to Support an Omni-Channel Fulfillment Strategy

With significant growth expected in the coming years from online channels, a large department store chain used network optimization to build an omni-channel fulfillment strategy.

ケーススタディを読む

Leading South African Retailer Creates Network Optimization Model for Continuous Supply Chain Improvement

Facing a period of significant growth, the retailer created a network optimization model to understand the impact of the projected volume on its network and identify optimal network configuration.

ケーススタディを読む

Using Capacity Planning to Predict the Impact of Projected Future Demand on Distribution Infrastructure

Modeling technology predicts the impact of projected future demand on fuel distribution infrastructure.

ケーススタディを読む

Whitepaper

生産のモデル化
飛躍的なパフォーマンス改善のための5つの取り組み

ホワイトペーパーをダウンロード

お問合せ