モノの流れの最適化

ソフトウェアとツール

モノの流れのあらゆるパターンを分析し、サプライチェーンの総コストを最小化

どのようなサプライチェーンであっても、サプライヤーから最終顧客に至るモノの流れには何百通りものパターンがあります。輸送手段、注文数量、コンテナのタイプ、生産設備、梱包方法、出荷港、利用する物流センターや配送業者など様々な要素の組み合わせを変えることで、サプライチェーンの総コストに大きな違いが出ることがあります。

Supply Chain Guru®

サプライチェーンのモノの流れを最適化するソフトウェア

ラマソフトのSupply Chain Guru®では、モノの流れのあらゆるパターンを分析して次のことを検討し、個々のSKUに対する最適なサプライチェーンコストを算出します。

Supply Chain Guruについて詳しくはこちら

出荷戦略の調整でコストを年6,600万ドルを節減したハイテクメーカー

タイでの洪水後、航空輸送中心のサプライチェーンを再設計して輸送手段を見直し、数百万ドルのコストを節減

ケーススタディを読む

300%の増税を乗り切れるサプライチェーンのデザインとは?

増税や規制強化の中、あるロシアの大手ビールメーカーでは、より効率的で機敏な国内物流ネットワークのデザインが求められていた

ケーススタディを読む

ネットワーク最適化で、高いサービスレベルと1,700万ドルのコスト削減が可能に

店舗拡大に伴い、新たなDCの必要性と最適な場所の評価を実施したあるアウトドア用品チェーンの例

ケーススタディを読む

サービスレベル向上と経費節減の同時実現は可能?

アジア市場で全ブランドの正価販売を最大化するため、サプライチェーンの再設計が必要となったある高級アパレルメーカーのケース

ケーススタディを読む

オムニチャネルのフルフィルメント戦略をサポートするネットワークのデザイン

オンラインチャネルの大幅な成長が見込まれる中、大手百貨店チェーンがオムニチャネルのフルフィルメント戦略の構築にネットワーク最適化を活用

ケーススタディを読む

イギリスのEU脱退:今こそ、サプライチェーンのモデル化を

ホワイトペーパーをダウンロード

お問合せ