サプライチェーン・オムニチャネル・フルフィルメント ソフトウェアとツール

小売企業のオムニチャネル化戦略で求められるのはサプライチェーンの変更。サプライチェーンをモデル化して、その変更による影響を評価し、変更後のパフォーマンスを予測。

大手小売企業は、オムニチャンネルの物流戦略を効果的にデザインし、そのデザインを事前にテストする方法としてサプライチェーンのモデル化を活用しています。モデル化によってコスト、サービス、マージンを把握できるだけでなく、オムニチャネル戦略で必要となる様々なネットワークやポリシーの変更を評価できるようになります。サプライチェーンデザインは、利用できる全ての物流資産を最大限に活用し、様々なチャネルで注文に対応できるようにするための価値の高いツールです。

小売りのオムニチャネル・サプライチェーン戦略のデザインとテスト

サプライチェーンデザインでは、代替のオムニチャネルネットワークの構成を現実世界で実行に移す前にテストし、パフォーマンスを予測することができます。ラマソフトのサプライチェーン最適化とシミュレーションプラットフォームを使えば、オムニチャネルの様々な要素を検討できます。

輸送

輸送最適化では、代替の輸送オプションとコスト、時間、キャパシティ、配送パラメーターなどの主要変数を組み込んで、サプライチェーンネットワーク全体をモデル化できます。総コストとサービス制約に基づいて最適な輸送計画を見いだすことができます。

サービス

ネットワークをモデル化すれば、最適なサービスとコストのシナリオ、そして両者のトレードオフが明らかになります。シミュレーションで代替のサービスシナリオのパフォーマンスをテストすることもできます。

サプライチェーンのネットワーク構造

グローバルに展開する小売企業が抱える大量のデータや複雑な問題は、スプレッドシートを使った計算や役員会議での議論だけでは対処できません。サプライチェーンデザインのテクノロジーは、エンド・トゥ・エンドのサプライチェーンのデジタルモデルを構築し、様々なシナリオを並べて表示し比較、そして現実の変動性を考慮してテストを行います。その結果、拠点の選択とモノの流れについてより適切な意思決定が可能となります。

在庫バランス

オムニチャネル・フルフィルメントは、在庫の配置や製品が店舗・倉庫から顧客に至る全体のプロセスに影響します。港やDCなど顧客に近いサプライチェーンの段階で在庫を配分できれば、チャネルによってばらつきがある需要に柔軟に対応できるようになります。 DCでの変動コストは増加する可能性がありますが、チャネル間で在庫をプールできるため、全体として在庫コストを削減できます。オムニチャネル戦略の中で在庫ポリシーを策定する際には、販売キャンペーンや季節性による需要の変動も考慮する必要があります。

小売りのオムニチャネル化をサポートするデザインテクノロジーの進化

複雑なオムニチャネルの疑問に答えられるモデル化テクノロジーを提供できるのは、ラマソフトだけ。Supply Chain Guruには次のようなテクノロジーが搭載されています。

お問合せ