合併・買収の合理化

ソフトウェアとツール

合併・買収によるサプライチェーンの主な課題

企業の合併や買収(M&A)では、新しい組織のサプライチェーンデザインに非常にたくさんの選択肢が生まれます。しかしながら、双方の設備、資産、サプライヤー、顧客、製品が重複する場合も多く、合併前と合併後のネットワークを分析することは困難です。組織統合のための最善の戦略を判断するには、関係する全ての業務を考慮し、時間と変動性を組み込んだモデルを構築して分析を行う必要があります。

拠点と製品を統合する際には、需要パターンの違いとキャパシティのニーズに対する影響を検討する必要があります。また、輸送経路の統合の実現性を測ることで、大幅なコスト削減の機会を見いだせる可能性もあります。

Supply Chain Guru®

 

サプライチェーンM&Aソフトウェア

ラマソフトのサプライチェーンデザイン・ソフトウェアプラットフォームは、最高の完全性と使い勝手を備えたネットワーク最適化の機能を提供します。

ラマソフトのデザインプラットフォームは、詳細なサプライチェーンのモデル化と分析機能を提供し、拠点の選択や開設・閉鎖、輸送戦略、在庫ポリシー、製造、戦略的ソーシングなどM&Aの合理化に関する意思決定をサポートします

ラマソフトのSupply Chain Guruには、ネットワークのモデル化、最適化、分析を行う強力な機能が搭載されています。サプライチェーンのモデル構築、変更案の評価、ネットワーク構造の最適化、シナリオのシミュレーションを実行し、組織の運用パフォーマンスを予測できるようになります。また、詳細な離散型シミュレーション(実際に発生したイベントに基づくシミュレーション)も組み込まれており、シナリオの運用パフォーマンスを可視化、テスト、比較し、指定した期間のサービス率、在庫、拠点のキャパシティを検証します。

SUPPLY CHAIN GURUについて詳しくはこちら

ネットワーク最適化で買収後の長期キャパシティをプランニング

大規模な買収をきっかけに、物流ネットワークのキャパシティニーズを評価したある食品・飲料メーカー

ケーススタディを読む

合併後の合理化とコスト分析でサプライチェーンリスクを管理

ネットワーク最適化で合併後の供給ネットワークの合理化とコスト分析を行い、サプライチェーンリスクを管理するインドのマッチ製造会社

ケーススタディを読む

マコーミック社の成功例

ラマソフトのモデル化テクノロジーを全社レベルの意思決定支援ツールとして継続的に利用し、サプライチェーンの「what-if(もしも)」の疑問を迅速に解決

ケーススタディを読む

米乳製品大手ランドオレークス社のラマソフト活用例

輸送最適化で買収後の合理化とアウトバウンド出荷の統合を実現

ケーススタディを読む

ホワイトペーパー

サプライチェーンデザインを使用して成功するM&A戦略を策定する

ホワイトペーパーをダウンロード

お問合せ