供給コスト(Cost-to-Serve)最適化 ソフトウェアとツール

全てのサプライチェーンの活動を分析・数値化し、
ネットワークを再編成して、最適なサービスレベルとコストを実現

予測できない消費者行動と市場での競争激化により、企業が調達、製造、保管、集荷・配送、提供、そしてリサイクルする必要のある製品は増加をたどり、企業は常にイノベーションを迫られています。また、顧客が求める価格やサービスにより、状況はさらに複雑化しています。同時に、企業は売上拡大を図るため新たなビジネスを模索しています。新たなビジネスを検討するにおいて、企業はサプライチェーンが固定コストで、新たな顧客獲得で規模の経済性がプラスに働くと想定することが多いようです。こうした傾向が重なると、企業の収益性にマイナスの影響が及び、顧客、製品、チャネル別のサプライチェーンコストの再評価が必要になります。

サプライチェーンコストとは、顧客の製品需要を満たすための全てのサプライチェーン活動で生じるコストのことです。ネットワーク内の全てのサプライチェーン活動をモデル化、定量化し、固定コストと変動コストを正しく配分すれば、サプライチェーンコストの分析が可能になります。顧客や製品ごとの詳細なサプライチェーンコストを把握することは、企業の収益性管理の必須条件です。そして、組織としてのコスト削減や配送効率の改善、そして各製品や顧客、販売チャネルで提供するサービスの「適正化」を図ることが不可欠です。製品、顧客、販売チャネルの細分化に基づいてマーケティング戦略やサービス戦略の手段をモデル化し、個々のサプライチェーンコストに与える影響を理解できるようになります。

Supply Chain Guru®

サプライチェーンコストを最適化するソフトウェア

Supply Chain Guruの分析は堅牢で繰り返しが可能。各製品、チャネル、顧客の収益性のバランスを確保する最適なサプライチェーンデザインを構築できるため、高コストの製品や顧客によって全体的な収益が大幅に減少するという状況を回避できるようになるでしょう。Supply Chain Guruを使えば、設備、プロセスとそのステップ、労務、設備、輸送資産の固定費の構造だけでなく、サプライチェーン全体の変動費も明確になります。

Supply Chain Guruでサプライチェーンコストを正確にモデル化すれば、顧客や顧客セグメントの採算性、在庫を維持すべき製品、コスト回収の適正価格についてデータに基づいた意思決定を下せるようになります。

Supply Chain Guruについて詳しくはこちら

Dedicated Fleet Or LTL Network: Which Is Better?

Facing continued expansion, the company needed to test the impact of using a dedicated fleet to replace their LTL delivery network.

ケーススタディを読む

WHITE PAPER

供給コスト(Cost-to-Serve)最適化を活用する
顧客数と製品の収益性の向上

ホワイトペーパーをダウンロード

お問合せ