Ebook

[改訂版] サプライチェーン・デザインのROI (投資対効果)

[改訂版] サプライチェーン・デザインの ROI (投資対効果)

サプライチェーン・モデル化技術とセンター・オブ・エクセレンス(COE)は、どのような方法で測定可能レベルな業務改善に向け、グローバル企業を導いているか?

現代のサプライチェーンは変化の激しい複雑なネットワークで、国を越え、複数の市場分野に広がることも珍しくありません。複雑であるがため、その変化の影響を計るのは困難で、予期せぬ事態への備えがなければ大きなリスクを抱えることになります。需要や商品価格の変動、供給の中断、利用できる輸送手段の変化、自然災害、地政学的な情勢の変化、規制問題などは全て市場へのモノの流れに影響します。企業はサプライチェーン に関する数々の「What-i(f もしも)」の疑問を抱えており、データに裏付けられた答えを迅速に得られる手段を必要としています。

サプライチェーンデザインとは、実際に運用しているサプライチェーンをエンド・トゥ・エンドでデジタルモデル化し、継続的な改善とイノベーションの基盤、そして意思決定を支援する全社的な統一プラットフォームを整備することです。コスト、サービス、リスクにおいて大きな改善を行いつつ、変化に対応して市場での競争優位性を維持するためには、サプライチェーンのモデル化が不可欠です。業界をリードする企業は、サプライチェーンの専任チーム「センター・オブ・エクセレンス(COE)」を構築し、「What-if」という難しい疑問に迅速かつ正確な答えを出し、意思決定を支援する効果的で確かなデータを得ています。そして、総合的なサプライチェーンのデザ インプラットフォームとビジネスプロセスを整備しています。

このeBookでは、ビジネス機能としてのサプライチェーンデザインの重要性を明らかにし、COEを活用して組織のサプライチェーンデザインの範囲と効果をどう方向づけ、拡大するかを説明します。さらに企業独自のCOEを構築する方法について、実際のユーザー事例を紹介します。

 

Capture

必要事項をご記入のうえ、ダウンロードボタンを押してください。