サプライチェーンの可視化

ラマソフトのESPとは?

現在、過去、未来をカバーする統合的なサプライチェーンの情報源

サプライチェーンの管理には情報が必要です。しかしそのデータは、多種多様なエンタープライズアプリケーションに分散しているでしょう。あるいは、データがサイロ化していたり、部門ごとのスプレッドシートであったりするかもしれません。では、全てのデータをどう整理し、本当に必要な情報や見識をどう得ればよいのでしょうか?

ESPとは、エンタープライズ・シミュレーション・プラットフォーム(Enterprise Simulation Platform)のことで、(1)データの統合とブレンディング、(2)予測分析、(3)インタラクティブな可視化という3つの最先端テクノロジーを統合し、サプライチェーンの重要な情報と見識を提供します。

過去

ESPをサプライチェーンのデータウェアハウスとして利用し、過去の動きや傾向に関する情報を抽出。

現在

ESPをコントロールタワーとして利用し、需要、在庫、輸送、サービスといった領域のKPIをリアルタイムで追跡。

未来

予測分析にESPを使用し、在庫切れやキャパシティ不足などの潜在的な問題を事前に把握。

ESPで本当に役立つ情報を

業界初
全てのサプライチェーンデータが1つのデータベースに

ラマソフトのESP可視化プラットフォームでは、あらゆるエンタープライズ・サプライチェーンデータを1つのアクセスポイントに統合します。カスタマイズ可能な接続、検証、クレンジング、ブレンディングでサプライチェーンデータの統一化を図ると同時に、インタラクティブなマップ、ダッシュボード、迅速な分析でサプライチェーンを見える化します。

お問合せ