Whitepaper

生産モデル構築: 飛躍的なパフォーマンス向上のための5つの取り組み

PDFをダウンロード

.

飛躍的なパフォーマンス向上のための生産モデル化について説明します。

1. 製造戦略
2. 生産の最適化
3. キャパシティプランニング
4. 販売・在庫・事業計画(SIOP)
5. リスク分析

生産モデル構築: 飛躍的なパフォーマンス向上のための5つの取り組み

かつて生産のモデル化は、工場のオペレーション・エンジニアが生産計画やキャパシティ管理を策定するために活用するものでした。しかし、生産フットプリント(生産拠点、生産量)、オペレーション、キャパシティのモデル化を、エンド・トゥ・エンドのサプライチェーンの一環として実践すれば、これまでにない業務効率化やコスト削減が可能になります。今では、それこそが、 現状の課題の壁を打ち破り、 競争を勝ち抜くカギであると世界の主要企業の多くが認識を高めています。

近年のサプライチェーンデザイン・テクノロジーの進化により、「最適化」は新たな時代を迎えています。今では企業が大量のデータを巧みに処理し、大規模なネットワークの最適化からSKUレベルの在庫最適化、輸送分析まで、サプライチェーンをエンド・トゥ・エンドでモデル化、分析、最適化できるまでになりました。そして、企業は継続的なサプライチェーンデザイン工程の一部として生産モデルを構築・活用することにより、コスト削減、サービス改善、リスク緩和の機会を見い出していくことが可能です。

この文書では、長期的な戦略プロジェクトから短期的な戦術プランまで、生産モデル化の5つの取り組みについて紹介します。各取り組みにおいて企業が直面する運用上の選択肢や課題を説
明するとともに、世界の主要企業が生産のモデル化を活用してどのように適切な判断を下し、本当の意味での市場競争力を高めたかについて例を紹介します。

飛躍的なパフォーマンス向上のための生産モデル化の取り組み

  1. 製造戦略
  2. 生産の最適化
  3. キャパシティプランニング
  4. 販売・在庫・事業計画(SIOP)
  5. リスク分析

 

1. 製造戦略:自社製造 vs 委託製造

製品をどう作り、どう流通させるか。これは生産や製造に携わる企業が必ず直面する問題ですが、それ以前に、そもそも製品を自社で生産すべきかという重要な決定を下す必要があります。
つまり、「作る」か「買う」かの選択です。そして「作る」のであれば、どこで作るのか。それが「オフショアか、ニアショアか」、「低コストか、ローカルか」の判断です。

このような基本的な決定を行う場合、サプライチェーン全体を視野に入れず、生産コストや投資コストのみに着目してしまうケースが多いようです。サプライチェーンには輸送、在庫、税金など多くのコスト要因が絡み合っています。成功している企業はモデル化テクノロジーを使って多岐に渡るコスト要因のトレードオフを検討し、サプライチェーン全体が最適化されるよう意思決定を行っています。

事例:作るか、買うか

ある大手飲料メーカーは新たな製品ラインの市場投入を計画する中で、自社で生産するか、契約工場に委託するかの選択を迫られていました。実はこの新商品の投入は、大きなリスクを伴っていました。投入前の市場テストが行われておらず、商品に対する需要が十分であるか不安がありました。そのメーカーは最適な戦略を策定するため、需要予測を考慮しながら新製品の生産に必要な資本投資の3年、5年、10年のコスト構造を検討し、委託生産のコストと比較しました。その結果、単位コストでは委託生産は割高となりますが、自社生産した場合のリスクや事前の投資コストを考えると、短期的には委託生産という選択肢が好ましいことが分かりました。当初のモデルの構築後は、様々な需要レベルで最善の生産判断をするため、需要変動の感
度分析を行いました。

事例:オフショアか、ニアショアか

あるハイテク企業は設立当初から15年間、中国沿岸部の製造施設に生産を委託してきました。ある時、その中国のメーカーから、低コスト維持のため内陸部の製造施設への移転が必要だとの申し入れがあったため、ハイテク企業は別の調達シナリオを詳細に検討することにしました。内陸に移転すれば人件費の削減が見込まれますが、リードタイムや輸送距離は逆に増加するでしょう。そして言うまでもなく、内陸に移転したとしても、今後、人件費が高騰しないという保証はありません。その企業は、「現行のオフショア生産が、調達判断としてどの時点で適切でなくなるか」を考えました。人件費のみならず、燃料費、税金や関税も考慮して感度分析を行った結果、現在の中国での生産に対し、中南米やメキシコといった他の調達地域が有利である
ことを正確に評価することができました。

各地域の製造コストを把握、予測するため、関税・税金を組み込んで最適化

税金を考慮しない場合の最適ネットワーク

税金を考慮しない場合の最適ネットワーク

税金効果を考慮したネットワーク

税金効果を考慮したネットワーク

 

左の「PDFをダウンロード」ボタンよりドキュメントダウンロードいただくと、引き続き下記内容をご覧いただけます。

2. 生産の最適化: どこで作る?どのくらい作る?
3. キャパシティプランニング: 既存の能力を活用しつつ総コストを最小化
4. 販売・在庫・事業計画(SIOP): 市場の変化で生産計画を調整
5. リスク分析: 想定内、想定外の状況に迅速に対応