プレス & メディア

← Back to プレス & メディア

ラマソフト、需要要因をより高い精度で予測・精査するDemand Guruをリリース

November 1, 2017

 DemandGuru

ラマソフト、需要要因をより高い精度で予測・精査するDemand Guruをリリース

高度な需要モデル化のソリューションで、需要の要因を素早く分析、理解し、意思決定とサプライチェーン全体のデザインを改善

 

ミシガン州アナーバー、東京(2017111日)–  サプライチェーン最適化のソフトウェアおよびソリューションの世界的リーダーであるラマソフトは、新しいソリューションであるDemand Guruをリリースしました。このソリューションには需要の因果関係をモデル化する強力な機能が搭載されており、企業のサプライチェーンデザインや戦略的取り組みの改善を支援します。

これまで、企業が消費者需要をより深く理解し、予測するには、市場の成長予測に対して過去の販売・出荷データを分析するか、単純な長期成長を大まかに推定するしかありませんでした。これでは、既に古くなっているデータや、誤った結論を導きかねない情報に基づいて意思決定が行われることになります。Demand Guruでは、季節特性からトレンド、製品のライフサイクル、内的・外的要因といった需要の主要な要因を素早く検討し、それに基づいて将来の様々な需要のシナリオをテストすることが可能です。

このDemand Guruソリューションでは、どのような特定の市場要因が製品需要に影響するかを迅速かつより適切に定量化できるため、より良い情報に基づいて具体的な分析と精度の高い意思決定が可能になります。その結果、よりロバストで複雑な需要シナリオを探索したり、繰り返し可能な自動プロセスを構築して需要の変化を捉えることができます。

米カミンズ社のDBUサプライチェーンデザイン・ネットワーク最適化リーダーを務めるアミット・サーブ氏は、Demand Guruについて次のように述べています。「Demand Guruなら、さまざまな需要の傾向をモデル化し、その情報を活用して予測(フォーキャスト)することができます。 Demand Guruが提供するデータキューブは、非常に画期的です。データキューブには、簡単に入手したり利用することが難しい因果関係の情報が多く含まれます。企業は需要と市場特有の要因との関係を把握していても、必ずしもマクロレベルの外的な因果関係をモデル化する能力を持っているわけではありません。Demand Guruでは、関連する要因のモデル化とフィルタリングが可能です。今の時代、キャパシティや在庫のプランニングを含むサプライチェーンデザインにおけるあらゆる問題を解決するためには、需要を解き明かすことこそがその第一歩なのです。」

 

Demand Guruには、主に次のような機能や特長があります。

  • 強力な機械学習(マシンラーニング)アルゴリズム - 最先端の機械学習アルゴリズムが、需要における隠れた関連性や相関パターンを検出
  • 高性能な因果関係のモデル化 - 内的・外的影響要因を考慮した複雑な需要モデルを無限に構築可能。モデル化を通して需要を簡単に探索
  • データキューブ - 気象や経済の豊富な時系列統計データセットにより、因果関係を見極め、将来の短期、中期、長期的需要をより高い精度で予測
  • モデルの自動選択と最適化 - 将来の需要を予測する最も精密な技術を自動的に選択
  • 探索的で可視的なモデル化 - 様々な需要の推進要因を素早くモデル化し、その影響を動的に定量化。インタラクティブで可視的、分かりやすいプロセスで、経営幹部との情報共有
  • 反復可能で展開しやすいワークフロー - 繰り返しが可能なワークフローで、全てのラマソフトの製品やソリューションに需要モデルを展開、継続
  • データブレンディングのプロセスやコネクターと緊密に統合 - データブレンディングのツー ルに素早くアクセスし、ERP データを予測に必要なフォーマットに変換処理

 

ラマソフトの社長兼CEOであるドン・ヒックスは、「精度の高い需要のモデル化は、適切なサプライチェーンデザインに不可欠な要素」とした上で、「調達ポリシーから季節傾向、競合企業の動き、気象の影響など、顧客需要のあらゆる推進要因やパターンをより深く理解できるようDemand Guruを開発しました。より良い意思決定をこれまで以上に早く行い、全体のデザインプロセスに統合できるでしょう。」と述べています。

 

 

ラマソフトについて
ラマソフトのサプライチェーンデザイン・ソフトウェアは、世界中の組織がサプライチェーンのオペレーションをデザイン、そして改善できるようサポートします。ラマソフトのソリューションは、様々な業界の企業でサプライチェーンネットワークのモデル化、最適化、シミュレーションを可能にし、コスト、サービス、持続可能性、リスク緩和の大幅な改善を実現します。ミシガン州アナーバーに本社を置くラマソフトは、サプライチェーンのエクセレンスとイノベーションのリーダーで、世界最大級の組織に向け、エンタープライズ・サプライチェーンの継続的改善に着目したテクノロジーを進歩させています。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
ラマソフト株式会社
マーケティング担当
三橋 和美
kazumi.mihashi@llamasoft.com
Tel: 03-6809-1018