サプライチェーンデザインソフトウェア
小売業界での活用方法

サプライチェーンコストの削減、店舗調達とインバウンド輸送コストの改善

retail-shot需要が落ち込み、製品の嗜好が急速に変化する環境において、小売企業には効率化とサプライチェーンコストの削減が求められています。ネット販売の需要増加にも対応が必要で、さらに中国などの新しい市場の獲得を図りたい意向もあり、サプライチェーンの条件が非常に複雑になっています。

ラマソフトのSupply Chain Guruは、小売に特化したソリューションで小売りビジネスをサポートします。例えば、製品を部品に分けて最適化し、製品の総サプライチェーンコストを最小限に抑えられるモノの流れ(ベンダーから店舗へ)をSKUごとに作成します。

ネットワーク最適化は、サービスの制約要件に基づいて、店舗調達やインバウンド輸送コストを改善する戦略を見極めるのに役立ちます。また、マルチチャネル分析の評価を行う上でも有用です。マルチチャネル分析を評価すれば、コストを最小限に抑えながら各チャネル(ネット販売、従来型店舗、スーパーマーケット、サードパーティー)の固有の需要を満たすことができるチャネルの管理方法を把握できるようになります。

在庫最適化は、サプライチェーン全体の運転資金を最小化するため、ベンダーと小売店の在庫点を評価する際に活用できます。

巡回型の店舗直送の場合、最適化のみの手法を使ってモデルを効果的に作成することは困難です。エンタープライズシミュレーションを併用すれば、様々なサプライチェーンネットワークデザインでの真のコスト、充足率、納期遵守率を予測しやすくなるでしょう。

SUPPLY CHAIN GURUについて詳しくはこちら

「… ラマソフトとの関係は、主に戦略面でメリットがあります。テクノロジーの利用や革新的なソリューションの共同開発が可能になり、また、サプライチェーンのCO2排出量も大幅に削減できるかもしれません。」

– EMEA Nike社サプライチェーン・プランニング責任者 スティーブ・ホックマン氏

スピーチの全文を読む

お問合せ