サプライチェーンデザインソフトウェア
軍事・防衛での活用方法

多期間の最適化とエンタープライズシミュレーションで最適なサービスレベルとコストを実現

軍事機関やそれを支える防衛産業のサプライチェーンは、規模が大きく、複雑で変動も大きいものです。輸送が難しい地域であっても、そこに軍隊が派遣されれば補給物資のニーズが生じます。軍需のサプライチェーンは厳しい要件を満たすと同時に、コストや効率性の重視も求められ、民間組織では対応に苦慮しています。具体的には、次のような課題が挙げられます。

  • 「絶対条件」である即応性とスケーラビリティを同時に実現
  • リスクを共有するパートナーネットワークの利用拡大
  • プログラムのコスト超過
  • 高いリスクと需要の変動
  • 常に変化する分散型サプライチェーンへの対応

ラマソフトのSupply Chain Guruの機能は、軍事・防衛産業にも対応が可能です。例えば、プログラムの分析では多期間の最適化が使われ、1つのプログラムの開始から終了までに生じるサプライチェーンコストを把握できます。また、エンタープライズシミュレーションを使えば、サプライヤーと輸送のリードタイムに変動を加え、サービスレベルとコストへの影響を予測できます。

SUPPLY CHAIN GURUについて詳しくはこちら

ケーススタディ 

輸送最適化のケーススタディ:戦略的デザインを実行に移す

ケーススタディをダウンロード