サプライチェーンデザインソフトウェア
製造業での活用方法

manufacturing-photo

材料や完成品のインバウンド、アウトバウンドの流れの最適な関係を見極める

製造施設という枠組みで効率化に取り組むメーカーが多い中で、材料と完成品のインバウンドとアウトバウンドの流れの関係を理解することは、グローバル市場での競争優位につながります。

ラマソフトのソリューションで取り組める製造業の課題

  • 無駄を最大限に省くため、長い生産サイクルをスリム化
  • 低迷市場における余剰キャパシティの管理
  • ソースマーケットの変化による人件費や材料費の変動
  • 政府によるCO2排出規制の強化
  • 限られた設備投資額

ラマソフトのSupply Chain Guruの機能の多くは、製造業に対応するようデザインされています。例えば、ネットワーク最適化と在庫最適化では、新興市場のソーシングと在庫のポリシーを評価し、サプライチェーンコストへの影響を検討することができます。また、コストやキャパシティの制約を条件に、最適な製造拠点の配置を見い出すことも可能です。需要と供給のバランスを分析する機能では、生産や倉庫のキャパシティの制約を満たしながら、季節的な需要に対応できる最も低コストのソリューションを洗い出すことができます。さらに、温室効果ガスの排出をモデル化し、排出量の削減に伴うコストのトレードオフも検討できます。

SUPPLY CHAIN GURUについて詳しくはこちら

お問合せ