サプライチェーンデザインソフトウェア
ヘルスケア業界での活用方法

成功するM&A戦略の策定、政府の規制変更への迅速な対応、リスク管理

およそ15年間にわたり、ラマソフトはソフトウェアと専門知識を提供し、エンド・トゥ・エンドのサプライチェーンの運用改善で、大手ヘルスケア企業をサポートしてきました。ラマソフトのSupply Chain Guruは、企業がサプライチェーンの運用をモデル化、最適化、シミュレーションし、その結果、コスト、サービス、持続可能性、リスク緩和を大幅に改善できるよう支援します。

モデル化テクノロジーで成功するM&A戦略を策定

M&A-road-routesヘルスケア業界では、企業の合併・吸収(M&A)の動きが広がっています。M&Aはたくさんの課題を伴い、新たな組織のサプライチェーンデザインには、非常に様々な選択肢があります。M&Aの多くで、期待通りの結果が出させていないというのも意外ではありません。M&Aの成功率は、わずか15%から50%に留まるとも言われています。サプライチェーンデザインのテクノロジーは、サプライチェーンをモデル化して代替案を評価した上で、ネットワークの構成を最適化します。そして、複数のシナリオをシミュレーションし、統合後の組織のパフォーマンスを予測することができます。M&Aにおける全ての段階と形式(合併前、合併後、分割や分社化など)でモデル化を活用できる可能性があります。

精度の高い戦略と運用のプランニングを実現するため、サプライチェーンデザインのモデルには、相関関係の可能性がある全ての業務や、時間、変動性が組み込まれます。モデル化テクノロジーを利用すれば、顧客や製品の重複、新製品、輸送ネットワークの統合を最適に管理する方法を判断できます。

サプライチェーンデザインで、政府の規制変更に迅速に対応

世界各地で、ヘルスケアに関する新たな法律の制定や規制強化が行われています。規制は国によって様々で、ある国では問題がなくても、別の国では全く受け入れられないこともあります。Supply Chain Guruでは、1つのモデル化データベースを使って複数のシナリオを分析でき、主要なコストやモデル要素の組み合わせを調整することもできます。シナリオ分析を使って、自社のサプライチェーンが新しい法律に対応可能かを把握し、新たな地域への参入の準備状況を検討できます。

サプライチェーンデザインでヘルスケア業界のリスクを管理

各製品コストの把握から緊急時の対応まで、ヘルスケア業界には共通する課題がありますが、ラマソフトを活用して、そうした課題を競争優位の源に変えた企業があります。

サプライチェーンコスト:顧客ニーズに対応するための実質コストは? 店頭に並ぶ新しい「画期的な」医薬品が減り、マージンも縮小するなか、現行のサプライチェーンの非効率な部分を明らかにし、パフォーマンスを改善する最適化を行う時が来ています。ラマソフトは、ネットワーク内の全てのサプライチェーン活動をモデル化し、固定費と変動費を適切に配賦することにより、顧客の製品需要への対応において生じる全てのサプライチェーンの活動とコストを定量化して分析できるようにします。

新製品の導入:最適な地域と時期をどう判断する? ヘルスケア企業は継続的に新製品を投入し、新たな地域で販売や配送を開始しています。需要分析やネットワーク最適化により、ラマソフトは最適な発売計画を判断できるようサポートします。

サプライチェーンのリスク管理と緊急時の対応:ラマソフトのモデル化テクノロジーは、現行ネットワークの非効率性を可視化し、シナリオ分析でサプライチェーンの変更の影響を解析し、火災や洪水などの不測の事態に素早く、的確に対応できるようにします。グローバルリスク指標が組み込まれているため、サプライチェーンに障害が発生する可能性を把握、予測するのに役立ちます。

SUPPLY CHAIN GURUについて詳しくはこちら

お問合せ