サプライチェーンソフトウェア
世界の保健機関での活用方法

ネットワーク最適化と輸送ネットワーク最適化で救援物資の分配を管理

世界の保健機関のサプライチェーンは、人の命を左右します。 医療品などの救援物資は、たとえ困難な状況であっても必要とする人の手に届けられなければなりません。

ラマソフトは、アフリカや中米での数多くの保健プロジェクトに取り組んできました。

  • 新興市場への医療用品の物流を管理
  • 輸送ネットワーク最適化で輸送ネットワークをデザインし直し、サービスレベルを最大化
  • 大量で頻度が低い物資の輸送調整を支援
SUPPLY CHAIN GURUについて詳しくはこちら

パートナー

USAID(米国国際開発庁)の国際保健プロジェクト、「USAID | DELIVER PROJECT」では、ラマソフトのモデル化テクノロジーが活用されています。

「サプライチェーン最適化の分析は、計測可能な節減額やパフォーマンスの改善など、現実的な結果を得られる強力なツールです。一般にビジネスのサプライチェーンに利用されるベストプラクティスですが、国際保健のサプライチェーンでも活用するといいでしょう。」

– USAID | DELIVER PROJECTレポート:サプライチェーンの最適化でパフォーマンスを改善(2014年6月)

国際的な保健医療支援では、一般に次のような問題に答えを出すことが求められます。

  • 新たなワクチンを扱うこととなった場合、サプライチェーンにどう影響する?
  • 複数の輸送システムを1つに統合することは可能?
  • 何か所の倉庫が必要? どこに配置する?
  • 車両はどのタイプが何台必要?

USAID | DELIVER PROJECTでは、最適化を使ってこうした問題にどう取り組んだのでしょうか? 詳しくは、こちらのレポートをご覧ください。

USAID | デリバリープロジェクト:サプライチェーンの最適化でパフォーマンスを向上

PDFをダウンロード

お問合せ