BULLETIN

サプライチェーンデザインで関税コストの問題に取り組む

サプライチェーンは、企業の運営、そのコスト、収益、成長における核となるものです。ビジネスのグローバル化の進展に伴い、国境を超える貿易に課される様々な関税は、全体的なコスト、サプライヤー調達、製造戦略、物流ネットワーク構造に大きな影響を与えるようになっています。ただし、本質的に複雑な性質を持つ税法は、特にブラジルのような国において、サプライチェーンデザインの実践に税コストを含める上で多くのビジネスの障壁となります。税率の世界平均は約20%ですが、この派生的影響は圧倒的なものとなることもあります⸺ 結果として年間数百万ドルが無駄になることもありますが、関税の最適化を活用することにより、 総コストを最低限に抑えることができたり、競争優位性の向上につながる可能性もあります。

税コストをサプライチェーンデザインに組み込む方法は多数あります。この文書では、ロジスティクスと税コストの両方を全体的視野で考慮に入れ、最適なデザイン決定を行う方法をいくつか紹介します。

 

サプライチェーンデザインで関税コストの問題に取り組む

1.サプライチェーンデザインで税金を考慮する理由
2.モデリングテクノロジーを活用した税コストの最適化方法
3.一般的な税区分
4. 一般的な税コストモデリングのアプローチ

  • 隠れた税の分析
  • 区分/レーン方式
  • 所得税/経路列挙方式

5.税コスト最適化に着手する

 

 

右のフォームに必要事項をご記入のうえ、「ダウンロード」ボタンを押してください。文書をダウンロードいただけます。

必要事項をご記入のうえ、ダウンロードボタンを押してください。