ラマソフト・サプライチェーン・ブログ

サンタの小人たちによる最適なサプライチェーンのデザイン

By LLamasoft  December 17, 2018

今年もクリスマスが近づいてきました!本ブログでは、サンタの小人であるジャック・ジョリーがクリスマスプレゼントを届けるサプライチェーンの最適化についてご紹介します。

何千年もの間、サンタ業界の小人たちは手書きのメモやエクセルでサンタのサプライチェーンを最適化しようと頑張ってきました。そしてある年、小人の威信をかけ、みんながそれぞれ希望した時間と場所に、希望したクリスマスプレゼントを届けられるよう、ラマソフトの高性能サプライチェーンデザイン・ソフトウェアを使うことにしました。

.


.

みなさん、こんにちは!サンタの小人のジャック・ジョリーと申します。サンタの応用研究チームで北米サプライチェーンのシニアディレクターとして、かれこれ・・・えーっと随分長く働いています。小人の仕事はおもちゃを作ることだけだと思っている方も多いかもしれませんが、実はそんなことはありません。サンタクロースは、サプライチェーンを最適化するための専任チームを持っているのです。基本的には、テディベアの需要予測から、サンタが煙突から入ってく際のスピードに至るまで、すべてがスムーズに行くようにすることが仕事です。

私たちサプライチェーンチームの小人は、クリスマスイブの夜のお仕事が成功するよう、データポイントとアルゴリズムに対してちょっとした「小人の魔法」を使います。何しろ、要件の厳しい世界中のみんなにプレゼントを正確に届けるのに一夜しかないのです。ですから配達の遅れは許されません。このブログでは、良い子たちにプレゼントを届けるために私たち小人が行っているプレゼント配送プランニングの一例をご紹介します。

 

サンタの需要

まずは、需要の予測を立てる必要があります。みなさんに想像していただきやすいよう、北米での4つの商品(時計、本、ノートパソコン、Nintendo Switch)を例として取り上げて説明したいと思います(当然ながら、世界中からの「欲しいものリスト」には、何千種類もの本、おもちゃ、洋服などたくさんの物が記載されているのですが)。

ラマソフトのDemand Guruを使って、私たちは時計、本、ノートパソコン、Nintendo Switchのプレゼントがそれぞれ何個必要かを特定します。もちろん小人は北極に送られてくる「欲しいものリスト」をチェックするのですが、需要をなるべく早い段階で予測できたほうが都合が良いのです。Google Trendsからそれぞれのおもちゃの過去10年の人気を調べ、郵便番号を基に人口統計データとブレンディングし、必要なおもちゃの個数を特定します。

 

 

サンタの『クリスマス配送施設配置』プランニンング

多くの人たちは、12月に入ってからクリスマスホリデーのことを考えるようですが、我々小人は、一年中クリスマスキャンディやサプライチェーンロジスティクスのことが頭から離れません。さらに小人たちは、サンタがプレゼントをどの施設に保管し、トナカイに必要な休憩を取らせるための施設をどこに配置するかについても時間をかけて検討します。数年前、一頭のトナカイ(名前を『Dasher』といいます)から、”サンタの配達リストにあるすべての家から500マイル(約800km)以内にトナカイ休憩拠点を一つ設けること”と、さらに、その休憩拠点から300マイル(約480km)以内で需要の95%を配達できること”という要望がありました。そのためには、北米だけで少なくとも14の施設が必要ということになります。

 

 

サンタのクリスマス配送計画

全部で3億個以上のプレゼントを届けるべく、クリスマスイブの夜の配送計画を最適化するわけですが、他にも検討しなければいけない要素がたくさんあります。サンタがソリでの配達にあたって考慮しなくてはいけない条件には下記のようなものがあります。サンタはクリスマスイブにプレゼント配送が簡単に成功するなんていう魔法が都合よくおきると楽観的に考えるわけにはいかないのです!

  • 北極出発時間:12月25日 @ 12:00amから
  • ソリの最大積載量:プレゼント 800,000 個
  • トナカイの走る速度:時速 25,000 マイル(約40,000km/時間)
  • 配達完了時間:12月25日 @ 8:00amまで

 

 

サンタのトナカイとソリの輸送最適化

最適化した結果の、14輸送経路のうちの一つをご紹介します。経路を計画する際に注意が必要なのは、サンタが一度に運べるプレゼントの数が80万個だけだということと、なるべく早くプレゼント配達を完了したいということです。その条件を考慮すると、全ての良い子たちにプレゼントを届けるためには、この1つの配送計画だけで、総走行距離は26,770(約43,000km)にものぼります。サンタとトナカイが、プレゼントを配送するためにどれくらい行ったり来たりしなくてはならないかお分かり頂けることと思います。

 

 

クリスマスのプランニングがどんなものか、イメージしていただけたでしょうか。もっとお話したかったのですが、小人は今がとても忙しい時期なもので…今回のブログはこれでおしまいです。皆様も楽しいクリスマスをお過ごしください!

 

ラマソフトのテクノロジーについてさらに詳しく知りたい方は、ぜひこちらも併せてご覧ください