エコノミスト調査レポート

サステナビリティ: 失われたリンク

サステナビリティ(持続可能性)とサプライチェーン

.

グローバル調査により、持続可能性と収益性のせめぎ合いが浮き彫りに

地球の平均的な陸地の気温は過去50年間に人類の活動により1°C近く上昇しました。国際連合の気候変動に関する政府間パネルは政策立案者に対し、地球温暖化を1.5°C以内に抑えられない場合、破壊的な気候変動のリスクが高まるとの警鐘を鳴らしています。

サステナビリティ(持続可能性)が意味するものは、今や単なる気候変動以上のものです。企業がサステナビリティへの対応を怠ることは壊滅的な結果を生みかねません。

『サステナビリティ:失われたリンク (Sustainability:The missing link)』は、米国、南米、欧州、アジア太平洋地域の製造業および小売業の250社のシニアエグゼクティブを対象に、ラマソフトがスポンサーとなって、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが作成した調査報告書です。この報告書ではサステナビリティ(持続可能性)を考慮することで、企業がいかにサプライチェーン管理に対してこれまでとは違った考え方をするようになっているかを探求します。企業がコスト削減、在庫の効率性、収益性といった従来の優先事項と、倫理的そして環境上の影響とのバランスをいかにして図ろうとしているか、またより強力なサプライヤーとの関係を築くことで持続可能性に関する行動を起こしている状況について調査しました。

グローバルリサーチによる結果をぜひご覧ください。

  1. この報告書について、ラマソフトの前書き
  2. 人、地球、利益
  3. 企業の対応状況
  4. 障害の克服
  5. 結論
  6. 付属文書

 

右のフォームに必要事項をご記入のうえ、「ダウンロード」ボタンを押してください。文書をダウンロードいただけます。

.

.

必要事項をご記入のうえ、ダウンロードボタンを押してください。