About llamaadmin

This author has not yet filled in any details.
So far llamaadmin has created 28 blog entries.
  • iStock-154009492-320x202

Supply Chain Guru Xの輸送最適化、世界記録に並ぶ

By llamaadmin    October 19, 2017

この夏、ラマソフトは全く新しいサプライチェーンデザインのソフトウェア・アプリケーション「Supply Chain Guru X」を発表しました。ニーズと目的に合った最善のソリューションをお届けできるよう、ユーザーの皆様から頂いたフィードバックの検討を重ね、最高のサプライチェーン最適化の技術を駆使した当社の次世代のフラッグシップ製品です。Supply Chain Guru Xでは、輸送最適化のソリューションテクノロジーも大幅に改善されています。最高の精度で効果的なアウトプットを提供するため行ったアップデートを、いくつかご紹介します。 Read More >>

  • IMG_5708

Factory 2017展示会レポート

By LLamasoft    October 16, 2017

10月11日~10月13日に東京ビックサイトにて開催された『Factory 2017 (IT Pro Expoの一部)』にラマソフトも出展いたしました。ラマソフトブースにお立ち寄りいただいた方々、どうもありがとうございました! Read More >>

  • Factory2017_logos-1_w530

ラマソフト @ Factory 2017展示会: 最新のサプライチェーンデザインソリューションを展示

By LLamasoft    September 23, 2017

FACTORY 2017は、「第4次産業革命」とも呼ばれる製造業の新しいトレンドに関する最先端の話題をテーマに開催する製造業のデジタル化、スマートファクトリー実現のための製品・技術が集結する専門展示会です。 その『Factory 2017』にラマソフトも出展します。先日リリースとなったばかりの最新のサプライチェーンデザインソフトウェア「Supply Chain Guru X」のほか、製造業向けサプライチェーンのためのソリューションを紹介する予定です。さらに、今秋にリリースを予定している新製品Demand Guruのテクニカルプレビューや、開発中のSupplyChainPlanning.comの情報もも予定!是非ラマソフトブース(#0316)にお立ち寄りください。 Read More >>

  • Whole-Foods-Image-2

アマゾンとホールフーズ: 変化する市場で競争優位を確保するための4つのカギ

By LLamasoft    September 15, 2017

6月に発表されたアマゾンのホールフーズ買収というニュースは、食品小売業界に大きな衝撃をもたらしました。アマゾンは事業拡大を続け、その勢いが止まらない一方、食品小売企業は競争が激化する市場でビジネスを維持する新たな手段を模索しています。会員制の食材セットのような宅配サービスの急速な拡大と相まって、食品小売業界は極めて速いスピードでイノベーションの道を進んでいます。 従来型の食品小売のモデルが崩壊しつつあることは明らかですが、では食品小売企業はどう対応したらいいのでしょう? 会社にとって適切な新たなアプローチとは? 多くの企業が「ネット注文・店舗受取」というモデルを始めている中、別の選択肢はあるのでしょうか? イノベーションにかかるコストは? そして何より、現行のネットワークやビジネスにどう影響するのでしょう? 小売業界では長年こうした変化に対応してきましたが、マルチチャネルのアプローチが食品小売業界で検討されるようになったのは最近のことです。こうした中、変化する需要に遅れることなく、コストとのバランスを確保するための不可欠なツールとして、サプライチェーンのモデル化が注目されています。では、食品小売企業は実際のネットワークをどう活用して運用を調整し、マルチチャネルの市場開拓戦略を実現できるのでしょうか? 変化の激しい時代に遅れを取らず、競争を勝ち抜くための持続可能で効果的なマルチチャネルのアプローチ。私たちは、それを実現するための4つのカギを解き明かしました。 Read More >>

  • presidential-election-2016

トランプ氏の不確実性とサプライチェーンデザイン: 不確実な時代を勝ち抜く

By LLamasoft    September 14, 2017

ラマソフトは、かねてから予期せぬリスクに対するサプライチェーンの回復力の大切さを強調してきました。グローバルビジネスにとって変化や変動が「当たり前」になっている今、これまで以上にサプライチェーンのリスクからの回復力が求められています。世界の政治情勢が激しく動くなか、企業は今後の規制変更の影響を考え、サプライチェーンの事前の準備対策に改めて注目しています。イギリスがEU脱退を決めた時、ラマソフトはお客様にサプライチェーンの見直しを呼びかけましたが、2016年のアメリカ大統領選の結果を受けて、多くのグローバル企業でサプライチェーンを見直す動きが出ています。 Read More >>

  • Demand-Guru-Blog-Image-2

サプライチェーンデザインとマシン・ラーニングアルゴリズムを用いた需要モデル統合の必要性

By LLamasoft    August 30, 2017

将来の顧客需要を確信をもって予測することはできますか? ビジネスや外的要因(経済指標や気象など)は短期、中期、長期的に将来の需要にどう影響するでしょうか? そしてその影響を把握することは、将来のサプライチェーンデザインの改善や変化する需要の理解にどう役立つでしょうか? 今日の需要主導の市場では、顧客の購買行動を把握するだけでなく、顧客需要に影響する要因を定量化できることが、かつてなく重要になっています。それができなければ、視野の狭い意思決定によってサプライチェーンを危険にさらすことになるかもしれません。将来の需要が想定とは違うのはなぜ? 想定とは違う需要となった要因とそれを助長しているものは何? 変化しているのは長期的な成長? そうであれば、長期的なキャパシティプランニングのプロセスにどう影響する? SKUが急増する可能性は?将来のサプライチェーンをデザインする上で、こうした疑問に答えを出すことは需要予測そのものよりも重要です。ご承知の通り、需要はサプライチェーンのモデル化やS&OPのプロセスに不可欠なインプットである一方、需要データに信頼を置いていない企業が多いようです。恐らく、情報の欠落や、計算が分かりにくい「ブラックボックス型」のアプリケーションが原因でしょう。分析を行う際に、データを正しく解釈するための統計的な基本情報がないと感じられることもあるようです。需要予測の信頼性を高める可視的で双方向的な手段、そして将来のサプライチェーンに有効な戦略的判断を求める企業にとって、需要のモデル化は不可欠な機能として注目されています。 Read More >>

  • SCGX-Blog-Photo-1

新しいSupply Chain Guruがまもなくリリース開始

By LLamasoft    August 1, 2017

全く新しいSupply Chain Guruがまもなくリリース開始 非常に直観的で使いやすい最新のサプライチェーンデザインソフトウェア『Supply Chain Guru X』のリリースがいよいよ近づいてきました。Supply Chain Guru Xは、複数のモデル化アプリケーションの一番良いところを組み合わせ、完全にデザインを一から作り直したサプライチェーンデザイン・プラットフォームです。より多くのサプライチェーン問題を解決が可能になり、サプライチェーンをより分かりやすくパワフルに視覚化します。 Read More >>

  • Edinburgh, UK - July 18, 2016: Closeup of a man holding a Samsung S6 smartphone, playing Pokemon Go with the game's augmented reality superimposing a character onto the pavement surface, as a person approaches in the distance.

アナーバーのポケモンを捕まえよう: 輸送最適化を使ったPokémon GOの攻略法

By LLamasoft    July 5, 2017

街を歩くと、AR(拡張現実)ゲーム「Pokémon GO」をプレイしている人たちを見かけます。位置情報を活用するこのゲームも、最適化が可能な例といえるかもしれません。そこで、私たちラマソフトのアプライドリサーチ・チームは、Supply Chain Guruの輸送最適化の機能を利用して、地元ミシガン州アナーバー地区にあるポケストップを全て制覇する最善のルートを見つけ出すことにしました。 Read More >>

  • FLEXE-image-for-4.3-Blog

FLEXE社オンデマンドのウェアハウス・ソリューションで短期的な物流ネットワーク戦略を強化

By LLamasoft    July 3, 2017

FLEXE社: オンデマンドのウェアハウス・ソリューションで短期的な物流ネットワーク戦略を強化 * 本ブログは、FLEXE共同創業者兼CEO Karl Siebrecht氏のゲスト投稿です。 ビジネスは、かつてないスピードで変化しています。テクノロジーが進み、顧客需要も増えているなか、競争力の維持は、こうしたテクノロジーの進化と需要増加の両方にどう対応するかにかかっています。サプライチェーンはビジネスの成功に大きな役割を担っています。オペレーションを可視化して、リアルタイムのデータを活用し、より賢明な意思決定を行うことが最も重要です。 Read More >>

  • SummerCon2017_JPtraining_IMG_5175

LLamasoft主催サプライチェーンデザイン・カンファレンス『SummerCon 2017』イベントレポート

By LLamasoft    June 16, 2017

世界中のサプライチェーンのプロフェッショナルが集うユーザーイベント サプライチェーンデザイン・カンファレンス『SummerCon 2017』が2017年6月12日~2017年6月16日についに開催されました!SummerCon 2017の最初の2日間はテクニカル・トレーニングプログラム、その後、事例セッションを中心とする3日間のコンファレンスに続く合計5日間のイベントです。このブログではSummerCon 2017イベントの様子をご紹介します。   開催地の米国デトロイト市は、熱波の到来により昼間は30度近くまで上がる例年より熱い真夏のような天候です。会場はゼネラルモーターズ社のグローバル・ヘッドクォーターがあるルネサンス・センターのマリオットホテル(Detroit Marriott at the Renaissance Center)。初日のトレーニングは、Supply Chain Guru製品の使い方や、ネットワーク最適化、在庫最適化、輸送最適化、シミュレーションの基礎について学ぶ初心者向けプログラムとなっており、2日目はより上級者向けの実践的な内容のテクニカルトレーニングが実施されました。 Read More >>

  • Theme-Globe

いよいよ開催迫る!サプライチェーンデザイン・カンファレンス『SummerCon 2017』

By LLamasoft    May 31, 2017

サプライチェーンデザイン・ソリューションを開発・提供するラマソフトは、2017年6月12日~2017年6月16日に、アメリカ・デトロイト市にてサプライチェーンデザイン・カンファレンスの『SummerCon 2017』を主催します。 2日間におよぶテクニカル・トレーニングのほか、フォーチュン500に輝く業界のトップ企業のサプライチェーンリーダーが登壇する成功事例、有名アナリストによる業界動向、経験豊かなモデラーによるTips、ラマソフト製品の最新アップデートやロードマップ情報など、さまざまセッションを予定しています。 また、SummerConは、サプライチェーンデザインで成功している600以上の世界中のラマソフトユーザーとの貴重なネットワーキングの絶好の機会を提供します。是非この機会をご活用ください。     SummerCon 2017開催概要 日程: 2017/06/12 ~ 2017/06/16 会場: Detroit Marriott at the Renaissance Center (地図) 住所: GM Renaissance Center, 400 Renaissance Center Detroit, MI 48243 USA 詳細: SummerConウェブサイト(英語) 登録: こちらよりご登録ください   スケジュール: 6/12 (月) 6/13 (火) 6/14 (水) 6/15 (木) 6/16 (金) 06:00 LLamaランニング 07:30 受付開始、 ネットワーキング 朝食 受付開始、 ネットワーキング 朝食 受付開始、 ネットワーキング 朝食 受付開始、 ネットワーキング 朝食 受付開始、 ネットワーキング 朝食 09:00 技術トレーニング 技術トレーニング コンファレンス コンファレンス コンファレンス 昼 ネットワー キング・ランチ ネットワー キング・ランチ ネットワーキン グ・ランチ ネットワーキン グ・ランチ 13:00 技術トレーニング 技術トレーニング コンファレンス コンファレンス 夜 ネットワーキング LLamaイベント Fimoreイベント 技術トレーニングプログラム: 技術トレーニングセッションには、Supply Chain Guru v8.xを活用した、ビジネス戦略のモデル化、安全在庫最適化、ネットワーク・シュミレーション、データ視覚化、ネットワーク最適化、輸送最適化に関するセッションなどが多数予定されています。さらに、まもなくリリースが予定されている Supply Chain Guru X のテクニカルプレビューや使い方をご紹介するセッションも予定。初心者向けのトレーニングから、上級者向けのハイレベルな技術トレーニングまで、幅広くご用意しています。 コンファレンスについて: ラマソフト社長兼CEOのドナルド・ヒックス、General Read More >>

ドン・ヒックスからのメッセージ: ラマソフト、TPGキャピタルとの提携を発表

By LLamasoft    May 24, 2017

皆様、 既にご存知の方も多いと思いますが、2017年、ラマソフトには大きなプランがいくつかあります。来月、デトロイトで開催するSummerConで皆様にこのプランを発表し、共にお祝いすることを大変楽しみにしています。 間もなく、次世代のサプライチェーンデザインソフトウェア「Supply Chain Guru X」が発売されます。これはラマソフトが数年かけて開発した製品で、サプライチェーンデザインがより速く、よりパワフルに、そして楽しいものとなるでしょう。サプライチェーンの可視化、最適化、プランニング、需要のモデル化においては「破壊的なイノベーション」が大いに求められており、当社エンジニアリングチームはこうしたニーズに応えられる新製品の開発に引き続き努力しています。私たちは新たな課題を解決すべく常に未来を見据えているのです。こうした積極的な取り組みにはリソースが必要です。5月9日、当社がTPG社との新たな提携関係、そして同社による出資を発表したのは、これが理由です。 Read More >>

経済産業省の「次世代物流システム構築事業費補助金」事業に関して

By llamaadmin    February 17, 2017

経済産業省の施策で2016年度も「次世代物流システム構築事業費補助金」が実施されることになりました。 補助事業の背景と目的 日本の最終エネルギー消費量の20%を占める運輸部門の省エネルギー対策を進めることが重要視されています。 物流システムの効率化によるCO2排出削減に向けて、物流事業者と荷主企業が連携して物流効率化の取り組みをおこなうことで、物流コスト及びリードタイムの削減を目指します。 対象となる取り組み 新たな物流体系の構築に寄与できる取り組み 省エネルギー効果、二酸化炭素排出量削減効果が見込まれる取り組み 荷主企業が他の事業者・団体と連携する取り組み 選考されやすいのポイントとして 「横展開の可能性、波及効果、継続性が見込まれる取り組み」 は一過性に終わることなく、来年度以降も継続した拡大の余地がある取り組みとして評価されやすいです。 選考過程におけるラマソフトを採用するメリット 定量的効果が見えやすい 横展開が容易 継続したコスト削減 CO2削減効果が見える 詳しくは、日本ロジスティックス・システム協会のサイトをご参照ください。 リンク先はこちら ラマソフトを採用した応募に関するラマソフトの支援 ご検討の企業様は気軽にラマソフトまでお問い合わせください。応募に際して支援をさせいただきます。

サプライチェーンのモデル化でリスクを管理

By llamaadmin    February 17, 2017

港湾閉鎖でそのメリットが鮮明に 2015年、カリフォルニア州西海岸の港湾労働者が大規模なストライキを行いました。グローバル企業にとっては、サプライチェーンを継続的にプランニングする重要性が再び浮き彫りになった出来事でした。米国内の貨物のほぼ半分が集中するロサンゼルスとロングビーチの港は、自動車、家具、衣料品、電気製品、原油などアジアからの輸入の主な玄関口となっています。人員不足と全米に拡大した輸送の遅れは、数十億ドルもの収益の損失や延滞、過剰在庫やリードタイムの長期化を招きました。 港湾ストは物流のスピードを乱し、リードタイムを拡大しただけでなく、輸送中の製品にも滞りを生じました。特に傷みやすい製品では影響が深刻で、食品や飲料メーカー、スーパー、医薬品メーカーなど多くの企業にとって、利益が捨て去られることになりました。 サプライチェーンをモデル化し、混乱時の緊急対応策を見い出す サプライチェーンの設計テクノロジーは、サプライチェーンネットワークの運用、輸送経路、在庫レベルをモデル化、最適化、シミュレーションし、混乱時の懸念事項に対応できるようサポートします。既存サプライチェーンのエンドツーエンドのモデルを構築した上で、港湾閉鎖など将来の混乱を考慮した様々な「what-if」、つまり仮説のシナリオを実行することにより、起こり得る事態に備え、最善の対応を判断できます。シナリオの分析を活用して、サプライチェーン内の過度な活動の集中や、特定サプライヤーへの依存が原因で混乱が生じた場合の事前対策も検討できます。混乱を生む原因として、例えば、1つの調達元による供給や生産、限られた運送業者や1つの手段のみを利用した製品の輸送、極端な気象現象の頻発地域への顧客収益の集中などが挙げられます。 Read More >>

モデル化と分析を使って、弾力性のあるサプライチェーンをデザイン

By llamaadmin    February 17, 2017

モデル化と分析を使って、弾力性のあるサプライチェーンをデザイン 最適化されたサプライチェーンでも、必ずしも弾力性が備わっているわけではありません。モデル化のテクノロジーを利用すれば、サプライチェーンの潜在的リスクや付随するコストを正確に特定、数値化できます。また、シナリオの最適化や高度な分析を通してリスク緩和の戦略を構築し、サプライチェーンの運営に弾力性を組み込むことが可能となります。 サプライチェーンの弾力性とは? なぜサプライチェーンに弾力性が必要? ネットワークの弾力性を把握する サプライチェーンの弾力性を評価する方法 サプライチェーンのモデルでは、担当者がエンドツーエンドのサプライチェーンの全体像をすぐに確認することができます。現実のサプライチェーンを反映したデジタルモデルを作成、分析すれば、エンドツーエンドのサプライチェーンを継続的に最適化し、新しい戦略を迅速にテストし、市場の変化に対応できます。 リスク影響度のサマリー リスク影響度データの可視化 供給の変動性をシミュレーションする リスクデータで多目的最適化 評価の自動化と優先付け 更に詳しく  

オムニチャネル フルフィルメント

By llamaadmin    February 17, 2017

有力な小売企業はサプライチェーンのモデル化を活用し、効果的に戦略を策定、事前に検証を行っています。オムニチャネルの戦略では、ネットワークやポリシーに様々な変更が求められますが、モデル化でこうした変更を評価し、コスト、サービス、マージンを把握することが可能です。サプライチェーンデザインは、利用可能な全ての流通資産を最大限活用し、様々なチャネルでの注文の履行が可能となる価値の高いツールです。 詳しくはホワイトペーパーをご覧ください

合併・買収と合理化

By llamaadmin    February 17, 2017

組織統合の最善策を判断するには、相互に関係する全ての業務を含めたモデルを構築した上で、時間や変動性を組み込む必要があります。需要パターンの違いを考慮に入れ、その違いが累積すると必要な能力にどう影響するかも検討しつつ、拠点や製品の統合を評価することが必要です。輸送経路の統合の実現性を判断すれば、大幅な経費削減の可能性が出てきます。 M&Aや合弁による設備・組織の統廃合は難しい判断が必要です。 様々な組み合わせのシミュレーションを分析することで最適なネットワークをデザインを導き出せます。データに基づいた判断が可能となります。 詳しくはこちら

二酸化炭素排出量を削減

By llamaadmin    February 17, 2017

企業活動において、CO2排出量削減は必達の目標です。 現在のロジスティクスにおける貴社のCO2排出量を把握していますか?サービスレベルを落とさず、コスト削減を実現しながらCO2排出量も削減という難題にチャレンジしなくてはなりません。 ラマソフトなら、可視化することができるため、サービスレレベル、コスト、CO2排出量を考慮した最適なモデルをデザインできます。 詳しくはこちら

3PL事業者向けサプライチェーンデザイン

By llamaadmin    February 17, 2017

3PL事業者向けサプライチェーンデザイン 卓越した物流管理とサービスを低コストで提供し、サプライチェーンを変革できる。顧客を維持・獲得するには、この点を顧客に速やかに納得してもらうことが必要です。戦略的モデリングを使った継続的なプロセスの改善をアピールすれば、他の事業者との差別化が図られ、クライアントとの長期的な関係を築くことができるでしょう。 3PLのビジネス開発と継続的改善を支援 ラマソフトのモデル化テクノロジーを利用している多くの世界有数の物流企業は、サプライチェーンデザインを競争力維持に活用しています。モデル化テクノロジーでは、例えば次のことが可能になります。 新たなビジネスにつながる説得力のあるサプライチェーンのソリューションを迅速に提案 顧客のサプライチェーン運用の継続的改善方法を提案し、既存ビジネスを強化 サプライチェーン、輸送、在庫の最適化を1つのツールに統合  

自動車産業におけるサプライチェーン・モデル化の活用

By llamaadmin    February 17, 2017

サプライチェーン・モデル化を活用して自動車産業のリスクを緩和する サプライチェーンが複雑化するほどリスクは拡大し、自動車サプライチェーンも どこまでも複雑化します。自動車メーカーはサプライチェーン・デザイン化技術により 最適化、シミュレーションが可能になり、それがコスト、サービス、持続可能性、 リスク緩和の大幅な向上につながります。 サプライチェーン効率とリスク低減のバランスをとる モデル化技術を活用して、エンド・ツー・エンド・サプライチェーンの生きたモデルを 構築する自動車メーカーには、大幅なコスト削減のためにネットワークを 最適化する能力があると共に、予測された変化や予想外の出来事が起きたとき、 再びデザインと最適化を行う能力が備わっています。 一般的な自動車には約3,500の部品が使われています。また、自動車サプライチェーンには通常3~5のレベ ルがあり、これを構成するサプライヤーが数千社に上ることがあります。このような数千社のベンダーと部品を 持つ複雑なインバウンド・サプライチェーンでは、サプライチェーンの何らかのノードに重大な問題が生じると、 損害や遅延で何百万ドルもの損害が生じることがあります。このような問題には、唯一の調達先となっている サプライヤーのシャットダウン、重要部品の品質問題、機械の故障、生産工程での部品在庫切れ、あるいはど こかの部品工場のストライキなどがあります。自動車業界の多くがJIT(ジャストインタイム)方式のリーンな 製造方針に従って操業していることを考えると、こうしたリスクはさらに深刻です。JITでは、各車両が生産 ラインを流れる際に、適切な部品が用意されている必要があります。 詳しくはこちらを