About llamaadmin

This author has not yet filled in any details.
So far llamaadmin has created 24 blog entries.

為替の変動や税制改正にも柔軟に対応

By llamaadmin    February 17, 2017

グローバルで活躍している企業では、為替の変動が収益に与える影響は非常に大きいです。 「何処から仕入れて、何処で生産し、何処で売る」 為替が変わればサプライチェーンネットワークをどう変えることでサービスレベルを落とさず、収益を最大化できるのでしょうか。 消費増税やTPPなどモノの流れが大きく変わる可能性のある税制改正が待ち受けています。 税制改正などの対策を事前にシミュレーションすることは重要です。更に改正に合わせて倉庫や物流拠点の見直しなど様々な視点でシミュレーションすることで最適なサプライチェーンネットワークをデザインすることで利益の最大化を図ります。 詳しくはこちらを  

季節変動や地域特性などによる需要の変化に柔軟に対応

By llamaadmin    February 17, 2017

季節商品や地域限定キャンペーンなどを扱う場合は1つのネットワークデザインでは不可能です 生産スケジュール、在庫ポイント、配送ルートなど複雑なモデルをシミュレーションする必要があります。ラマソフトを活用することで多くのシナリオを作成し可視化・分析することで最適なモデルをデザインすることができます。 詳しくはこちら

全体の構造やプロセスを横断的に管理する専門組織作り(COE)

By llamaadmin    February 17, 2017

COE(センター オブ エクセレンス)が必要に 従来は現場最適化の元、職人技による勘と経験でロジスティクスを運用してきました。でもモデルの複雑化と職人の定年退職など従来型ロジスティクスでは、柔軟な対応や更なるコスト削減に対応するのは難しくなりました。 分散していた優秀なロジスティクスエキスパートを集約して、より高度なサプライチェーンネットワークをデザインする組織が必要になりました。 ラマソフトはこれらの組織がグローバルなロジスティクスをデザインできるパワフルで使い易いツールを提供いたします。 詳しくはこちらからダウンロードしてください

自動車産業におけるサプライチェーン・モデル化の活用

By llamaadmin    February 17, 2017

サプライチェーン・モデル化を活用して自動車産業のリスクを緩和する サプライチェーンが複雑化するほどリスクは拡大し、自動車サプライチェーンも どこまでも複雑化します。自動車メーカーはサプライチェーン・デザイン化技術により 最適化、シミュレーションが可能になり、それがコスト、サービス、持続可能性、 リスク緩和の大幅な向上につながります。 サプライチェーン効率とリスク低減のバランスをとる モデル化技術を活用して、エンド・ツー・エンド・サプライチェーンの生きたモデルを 構築する自動車メーカーには、大幅なコスト削減のためにネットワークを 最適化する能力があると共に、予測された変化や予想外の出来事が起きたとき、 再びデザインと最適化を行う能力が備わっています。 一般的な自動車には約3,500の部品が使われています。また、自動車サプライチェーンには通常3~5のレベ ルがあり、これを構成するサプライヤーが数千社に上ることがあります。このような数千社のベンダーと部品を 持つ複雑なインバウンド・サプライチェーンでは、サプライチェーンの何らかのノードに重大な問題が生じると、 損害や遅延で何百万ドルもの損害が生じることがあります。このような問題には、唯一の調達先となっている サプライヤーのシャットダウン、重要部品の品質問題、機械の故障、生産工程での部品在庫切れ、あるいはど こかの部品工場のストライキなどがあります。自動車業界の多くがJIT(ジャストインタイム)方式のリーンな 製造方針に従って操業していることを考えると、こうしたリスクはさらに深刻です。JITでは、各車両が生産 ラインを流れる際に、適切な部品が用意されている必要があります。 詳しくはこちらを

3PL事業者向けサプライチェーンデザイン

By llamaadmin    February 17, 2017

3PL事業者向けサプライチェーンデザイン 卓越した物流管理とサービスを低コストで提供し、サプライチェーンを変革できる。顧客を維持・獲得するには、この点を顧客に速やかに納得してもらうことが必要です。戦略的モデリングを使った継続的なプロセスの改善をアピールすれば、他の事業者との差別化が図られ、クライアントとの長期的な関係を築くことができるでしょう。 3PLのビジネス開発と継続的改善を支援 ラマソフトのモデル化テクノロジーを利用している多くの世界有数の物流企業は、サプライチェーンデザインを競争力維持に活用しています。モデル化テクノロジーでは、例えば次のことが可能になります。 新たなビジネスにつながる説得力のあるサプライチェーンのソリューションを迅速に提案 顧客のサプライチェーン運用の継続的改善方法を提案し、既存ビジネスを強化 サプライチェーン、輸送、在庫の最適化を1つのツールに統合  

二酸化炭素排出量を削減

By llamaadmin    February 17, 2017

企業活動において、CO2排出量削減は必達の目標です。 現在のロジスティクスにおける貴社のCO2排出量を把握していますか?サービスレベルを落とさず、コスト削減を実現しながらCO2排出量も削減という難題にチャレンジしなくてはなりません。 ラマソフトなら、可視化することができるため、サービスレレベル、コスト、CO2排出量を考慮した最適なモデルをデザインできます。 詳しくはこちら

合併・買収と合理化

By llamaadmin    February 17, 2017

組織統合の最善策を判断するには、相互に関係する全ての業務を含めたモデルを構築した上で、時間や変動性を組み込む必要があります。需要パターンの違いを考慮に入れ、その違いが累積すると必要な能力にどう影響するかも検討しつつ、拠点や製品の統合を評価することが必要です。輸送経路の統合の実現性を判断すれば、大幅な経費削減の可能性が出てきます。 M&Aや合弁による設備・組織の統廃合は難しい判断が必要です。 様々な組み合わせのシミュレーションを分析することで最適なネットワークをデザインを導き出せます。データに基づいた判断が可能となります。 詳しくはこちら

オムニチャネル フルフィルメント

By llamaadmin    February 17, 2017

有力な小売企業はサプライチェーンのモデル化を活用し、効果的に戦略を策定、事前に検証を行っています。オムニチャネルの戦略では、ネットワークやポリシーに様々な変更が求められますが、モデル化でこうした変更を評価し、コスト、サービス、マージンを把握することが可能です。サプライチェーンデザインは、利用可能な全ての流通資産を最大限活用し、様々なチャネルでの注文の履行が可能となる価値の高いツールです。 詳しくはホワイトペーパーをご覧ください

モデル化と分析を使って、弾力性のあるサプライチェーンをデザイン

By llamaadmin    February 17, 2017

モデル化と分析を使って、弾力性のあるサプライチェーンをデザイン 最適化されたサプライチェーンでも、必ずしも弾力性が備わっているわけではありません。モデル化のテクノロジーを利用すれば、サプライチェーンの潜在的リスクや付随するコストを正確に特定、数値化できます。また、シナリオの最適化や高度な分析を通してリスク緩和の戦略を構築し、サプライチェーンの運営に弾力性を組み込むことが可能となります。 サプライチェーンの弾力性とは? なぜサプライチェーンに弾力性が必要? ネットワークの弾力性を把握する サプライチェーンの弾力性を評価する方法 サプライチェーンのモデルでは、担当者がエンドツーエンドのサプライチェーンの全体像をすぐに確認することができます。現実のサプライチェーンを反映したデジタルモデルを作成、分析すれば、エンドツーエンドのサプライチェーンを継続的に最適化し、新しい戦略を迅速にテストし、市場の変化に対応できます。 リスク影響度のサマリー リスク影響度データの可視化 供給の変動性をシミュレーションする リスクデータで多目的最適化 評価の自動化と優先付け 更に詳しく  

サプライチェーンのモデル化でリスクを管理

By llamaadmin    February 17, 2017

港湾閉鎖でそのメリットが鮮明に 2015年、カリフォルニア州西海岸の港湾労働者が大規模なストライキを行いました。グローバル企業にとっては、サプライチェーンを継続的にプランニングする重要性が再び浮き彫りになった出来事でした。米国内の貨物のほぼ半分が集中するロサンゼルスとロングビーチの港は、自動車、家具、衣料品、電気製品、原油などアジアからの輸入の主な玄関口となっています。人員不足と全米に拡大した輸送の遅れは、数十億ドルもの収益の損失や延滞、過剰在庫やリードタイムの長期化を招きました。 港湾ストは物流のスピードを乱し、リードタイムを拡大しただけでなく、輸送中の製品にも滞りを生じました。特に傷みやすい製品では影響が深刻で、食品や飲料メーカー、スーパー、医薬品メーカーなど多くの企業にとって、利益が捨て去られることになりました。 サプライチェーンをモデル化し、混乱時の緊急対応策を見い出す サプライチェーンの設計テクノロジーは、サプライチェーンネットワークの運用、輸送経路、在庫レベルをモデル化、最適化、シミュレーションし、混乱時の懸念事項に対応できるようサポートします。既存サプライチェーンのエンドツーエンドのモデルを構築した上で、港湾閉鎖など将来の混乱を考慮した様々な「what-if」、つまり仮説のシナリオを実行することにより、起こり得る事態に備え、最善の対応を判断できます。シナリオの分析を活用して、サプライチェーン内の過度な活動の集中や、特定サプライヤーへの依存が原因で混乱が生じた場合の事前対策も検討できます。混乱を生む原因として、例えば、1つの調達元による供給や生産、限られた運送業者や1つの手段のみを利用した製品の輸送、極端な気象現象の頻発地域への顧客収益の集中などが挙げられます。 サプライチェーンモデルを事前に構築、維持していれば、自然災害、ストライキ、政情不安といった予期せぬ状況においても迅速な対応が可能です。既存モデルに新たなシナリオを組み込むことで、業務や収益への支障を最小限にする最善策を見い出し、それを実行する前に現実の条件で詳細な検証を行い、そのパフォーマンスと実現性を評価できます。  リスク最小化のため「ニアショア戦略」を評価する オフショア生産のコスト面でのメリットが薄れつつある今、米国拠点の企業の多くが生産戦略の見直しを行っています。人件費の上昇、生産率や品質への懸念が、西海岸の港湾ストや海上輸送時間の変動や長期化と相まり、アジアでの製造リスクの拡大につながりました。一方、メキシコなど北米各国への「ニアショア」が様々な点で有利だと考えられるようになっています。メキシコに拠点を置くメリットとして、例えば、短いリードタイム、44か国との有利な貿易協定、生産施設の長い実績と拡大が挙げられるでしょう。 拠点の場所について基本的な決定を下す際、部分的なコストのみに注目し、様々なコスト要因(輸送、在庫、税金など)の依存関係を含めたサプライチェーンの全体像を見落としてしまうことがよくあります。サプライチェーンのモデル化を行えば、あらゆるコスト要因とサービスレベルとの二律背反を見極め、サプライチェーン全体として最適な意思決定を行うことができます。 また、クラウドを使った世界各地のリスク指標データを、サプライチェーンモデルに組み込むことも可能です。具体的には、政情不安、物流業績、汚職、気象リスク、ビジネスのしやすさなどの指標データで、業界で高く評価されているものです。 詳しくは  

経済産業省の「次世代物流システム構築事業費補助金」事業に関して

By llamaadmin    February 17, 2017

経済産業省の施策で2016年度も「次世代物流システム構築事業費補助金」が実施されることになりました。 補助事業の背景と目的 日本の最終エネルギー消費量の20%を占める運輸部門の省エネルギー対策を進めることが重要視されています。 物流システムの効率化によるCO2排出削減に向けて、物流事業者と荷主企業が連携して物流効率化の取り組みをおこなうことで、物流コスト及びリードタイムの削減を目指します。 対象となる取り組み 新たな物流体系の構築に寄与できる取り組み 省エネルギー効果、二酸化炭素排出量削減効果が見込まれる取り組み 荷主企業が他の事業者・団体と連携する取り組み 選考されやすいのポイントとして 「横展開の可能性、波及効果、継続性が見込まれる取り組み」 は一過性に終わることなく、来年度以降も継続した拡大の余地がある取り組みとして評価されやすいです。 選考過程におけるラマソフトを採用するメリット 定量的効果が見えやすい 横展開が容易 継続したコスト削減 CO2削減効果が見える 詳しくは、日本ロジスティックス・システム協会のサイトをご参照ください。 リンク先はこちら ラマソフトを採用した応募に関するラマソフトの支援 ご検討の企業様は気軽にラマソフトまでお問い合わせください。応募に際して支援をさせいただきます。