ラマソフト・サプライチェーン・ブログ

自動車産業におけるサプライチェーン・モデル化の活用

By llamaadmin  February 17, 2017

サプライチェーン・モデル化を活用して自動車産業のリスクを緩和する

サプライチェーンが複雑化するほどリスクは拡大し、自動車サプライチェーンも
どこまでも複雑化します。自動車メーカーはサプライチェーン・デザイン化技術により
最適化、シミュレーションが可能になり、それがコスト、サービス、持続可能性、
リスク緩和の大幅な向上につながります。

サプライチェーン効率とリスク低減のバランスをとる

モデル化技術を活用して、エンド・ツー・エンド・サプライチェーンの生きたモデルを
構築する自動車メーカーには、大幅なコスト削減のためにネットワークを
最適化する能力があると共に、予測された変化や予想外の出来事が起きたとき、
再びデザインと最適化を行う能力が備わっています。
一般的な自動車には約3,500の部品が使われています。また、自動車サプライチェーンには通常3~5のレベ
ルがあり、これを構成するサプライヤーが数千社に上ることがあります。このような数千社のベンダーと部品を
持つ複雑なインバウンド・サプライチェーンでは、サプライチェーンの何らかのノードに重大な問題が生じると、
損害や遅延で何百万ドルもの損害が生じることがあります。このような問題には、唯一の調達先となっている
サプライヤーのシャットダウン、重要部品の品質問題、機械の故障、生産工程での部品在庫切れ、あるいはど
こかの部品工場のストライキなどがあります。自動車業界の多くがJIT(ジャストインタイム)方式のリーンな
製造方針に従って操業していることを考えると、こうしたリスクはさらに深刻です。JITでは、各車両が生産
ラインを流れる際に、適切な部品が用意されている必要があります。

詳しくはこちらを