サプライチェーン デザイン プラットフォーム

ビデオを見る

サプライチェーンデザインって何?

サプライチェーンの「what-if(もしも)」という難題に確信をもって答えること

グローバルなビジネス展開では、サプライチェーンに関する何百もの「what-if」の問いに答えを出す必要があります。最適な答えを得られないまま、毎年多額の経費を無駄にしていませんか?ラマソフトのサプライチェーン設計ソフトウェアは、サプライチェーンの難題に対し、データで裏付けられた解答を迅速に提供します。サプライチェーンをエンドツーエンドでモデル化して非効率な部分を視覚化、最適化し、コスト削減、サービス改善、リスク軽減を図ります。また、サプライチェーンの継続的な改善とイノベーションに向け、起こり得る様々なシナリオを検証します。

サプライチェーンのニーズを満たすソリューション

Supply Chain Guru®

サプライチェーンネットワーク最適化 ソフトウェア
「what-if(もしも)」を考えてみたことがありますか? サプライチェーンデザインのソフトウェアSupply Chain Guruでは、サプライチェーンのモデル化、最適化、シミュレーションを通して、「もしも」の答えを理解できます。Supply Chain Guruには、次のような機能があります。

視覚化

Supply Chain Guruでは、複数の方法でサプライチェーンの非効率部分を特定できます。様々なソースから自社データを利用してサプライチェーンの現行モデルを作成し、実際の運用状況を視覚化することで、非効率部分やリスクなどの課題が見えてきます。作成したモデルは、地図、チャート、グラフ、ダッシュボードを使って様々な形式で表示できます。

最適化

高度なアルゴリズムを採用したラマソフトの一体型デザインエンジンでは、ネットワーク、モノの流れ・経路、サプライチェーン・コスト、在庫、生産、輸送の最適化、さらにグリーンフィールド(未開発地域)や需要の分析まで、1つのユーザーインターフェースとデータモデルで行うことができます。また、統合シミュレーションにより、現実世界の変動性を条件にサプライチェーンのパフォーマンスを予測できます。

シミュレーション

Supply Chain Guruの離散事象シミュレーションエンジンでは、サプライチェーンデザインを検証し、現実世界での変動やビジネスニーズにおいて設計通りに機能することを確認できます。シミュレーションを利用して、リスク緩和や不測の事態に対する様々な方策を検証し、緊急時の対応策を評価できます。

分析

感度分析により、事態が生じてからではなく、事前にデジタル環境で理論を試し、意思決定できます。様々なシナリオを需要、コスト、リードタイム、可用性の想定に基づいて最適化します。Supply Chain Guruはコストに最適なネットワークデザインだけでなく、ユーザーが指定する様々な条件での最適なデザインも提示します。

The Supply Chain Guru discrete event simulation engine enables users to test supply chain designs to make sure they will function as planned in the face of real world variables and business needs. Utilize simulation to test different courses of action to mitigate risk and unplanned events and evaluate contingency plans.

Data Guruのビジュアル データブレンド

モデル構築プロセスの自動化と解答時間の短縮

サプライチェーンが複雑化している今、正確で詳細なモデル構築のためのデータ管理は、時間を要する困難な作業です。感度分析の掘り下げや結果の調整よりも、データの収集や処理に時間を費やしてしまうことが多いようです。Data Guruのビジュアル・データブレンドのツールでは、データ変換が容易で、反復可能な作業フローを文書化できるため、時間の節約につながります。

データ処理の見える化
Data Guruでは、専門分野の異なるユーザーやIT部門が協力し、日常業務で使用する企業データの収集や処理を確立、文書化、自動化できます。一連のワークフローが可視化されるため、専門外の人に対しても複雑なデータの作業工程を分かりやすく説明できます。データ処理の過程を見えるようにすることで、関係者の合意形成や結果の信頼構築がしやすくなります。

ソースを問わず、データを数分で変換
Data Guruは、ユーザーと企業データ との橋渡しとなり、どのようなソースのデータでも数分間で変換します。

プロセスの一貫性

データブレンドと文書化を1つのプロセスで短時間で実行

ユーザー支援

ドラッグ&ドロップのインターフェースとラーニングセンターにより、新規ユーザーでも既存の業務プロセスを素早く簡単に作成、実行

再利用できるプロジェクト ライブラリ

データを簡単に再利用、共有できるため、モデル化作業を迅速化し、解答までの時間を短縮

プラットフォームの統合

Supply Chain Guru、SupplyChainGuru.comなどラマソフトのサプライチェーンデザインアプリケーションや全てのデータソースに接続可能

Box---Transportation---500-v2

輸送ネットワークデザインソフトウェア

輸送ネットワーク最適化と継続的改善のためのシミュレーション

ラマソフトのTransportation Guruは、ネットワークのデザインと輸送経路の選択を統合した唯一のアプリケーション。代替の輸送方法や主な可変データ(コスト、時間、能力、配送パラメータなど)を組み込み、サプライチェーンネットワーク全体をモデル化できます。このような統合型テクノロジーでは、ユーザーは次のことを行えます。

  • 従来の輸送ネットワークの課題を提起
  • 最小の最終的なコストを判断
  • 最適な輸送手段の構成を特定
  • 全ての制約を計測し、最も効率的な経路を選択
  • 車両規模を最適化しつつ、効率的な巡回経路を特定
  • 集荷と配送を交互に行う巡回経路を作成し、コストを最小化
  • 一定期間の荷量を調整しつつ、効率的なスケジュールを特定
  • 現行の輸送業務の短期的なコストとサービスの改善をシミュレーション

Transportation Guruには様々な分析テクニックが搭載されており、DCと顧客の最適な割り当て、理想的な輸送手段の構成、最適な配送・集荷の巡回経路の作成、帰路最適化のための継続移送テクノロジーの活用が可能です。ラマソフトの輸送ネットワークデザインでは、最適な資産利用の判断、ドライバーの勤務スケジュールの評価、さらにサービスに基づいたグリーンフィールド分析も行えます。

Transportation GuruはラマソフトのSupply Chain Guruの一部であるため、Supply Chain Guruと同じ使いやすいインターフェースやデータ構成になっています。「what-if」シナリオを迅速、簡単にモデル化し、詳細な地図やレポート、ガントチャートで結果を表示、分析できます。

業種

自動車

化学・石油

消費財 (CPG)

食品・飲料

ハイテク/電気・電子

ロジスティック・3PL

製造業

小売り

EBOOK

サプライチェーン・デザインの ROI (投資対効果

サプライチェーン・モデル化技術とセンター・オブ・エクセレンス(COE)は、どのような方法で測定可能レベルな業務改善に向け、グローバル企業を 導いているか?

ダウンロード

デモをリクエスト