サプライチェーン計画

最適化と需要・供給・在庫計画

「オプティマイザ」はサプライチェーン計画を最適化するソフトウェアで、世界中の企業に採用されています。需要・供給プロセスを調整し、動的で機敏、迅速に対応できる需要・補充計画を構築、管理、実施することで、サービスレベルの最大化、顧客ロイヤリティの向上、利益の保護を実現します。そしてKPIやアラートの定義などを行い、需要と在庫の管理プロセスを確立します。

需要計画

正確な予測は、事業計画の作業の中で最も大きな企業利益につながり得るものです。財務・予算計画、インセンティブ管理、調達計画、倉庫規模の調整、生産計画において予測が必要となります。

  • 製品、地理、チャネル階層ごとの動的で多段階の予測
  • プロモーション管理(「プロモーション中」の予測調整など)
  • 製品のライフサイクル管理(投入、廃止)
  • 調達元、ブランド、チャネル間の需要の移行
  • 企業にとっての最大の成功を重視した正確な予測

在庫最適化

在庫最適化は、「需要・供給バランス」の確保において重要な役割を果たします。従来の在庫再発注システムとは異なり、各製品の需要、供給、流れを考慮した企業独自の在庫モデルを構築します。

  • 現行のモノの流れと、需要と供給の変動予測を考慮し、サービスレベルの達成に必要な在庫をデータに基づき判断
  • 最適な安全在庫と補充発注の算定、維持
  • 将来的に求められる投資、調達、保管を予測

供給計画

サプライヤー情報の確認や既存注文の追跡・優先付けといった作業を、在庫計画の中で行う余裕はないかもしれません。しかしながら、こうした作業を行わないと、過少や過大に評価されたリードタイムに基づいて発注が出され、後になって問題が浮上することがあります。サプライヤーの実際のリードタイムと見込みリードタイムとの差異により、供給の信頼性にマイナスの影響が生じ、その影響は倉庫、店舗、利益率にも波及します。「ラスト1マイル」での成功に不可欠なのは、補充発注の算定であり、部門や地域を跨いだ需要計画のプロセス、財務、調達、さらに在庫ポリシーのデータのインプットが必要となります。

このソリューションはWeb上での操作が可能であるため、サプライヤーと積極的に連携でき、最も正確な情報の反映が確保できます。また、以下のような基準を設定し、発注過程を通して進捗を確認できます。

  • 工場が注文を確認、製造
  • 注文を港で船積
  • 注文が港を出発
  • 注文が最寄港に到着、出発
  • 注文が倉庫に到着

Optimiza-logo

サプライチェーン計画ソフトウェア

オプティマイザ

プロセス管理とアウトプット制御

プロセスが常に守られるよう管理し、変更を厳格に制御、モニタリング。

継続的改善のフレームワーク

パフォーマンスを改善し、変更の長期的効果をモニタリングできるよう、カスタマイズ可能なKPIを提供。

データの制御と完全性

ASCIIフラットファイルからEDI、Direct Database Data Transferまで全てのメディアタイプを使用したデータソースとの接続が可能。データ更新の自動化やモニタリングを確保。

完全統合された可視性の高いレイヤー

カスタマイズしやすいダッシュボードを提供。また、ユーザーのワークベンチからショートカットでレポートにアクセス可能。

シナリオ管理

ユーザー同士で変更案を共有、モデル化し、事前にシナリオの比較が可能。

業種

自動車

化学・石油

消費財(CPG)

食品・飲料

ハイテク/電気・電子

ロジスティック・3PL

製造業

小売り

デモをリクエスト